ビアン通信 海外事情
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.17 Sun
イギリスのgayサイト(PinkNews.co.uk)を見ていたら、
「今月初め、中国初の同性どうしの結婚式(法的に認められたものではない)が、四川省のゲイバーで行われ、それを国営の英字新聞(China Daily)が取り上げた」
というニュースが載っていた。(こちら

chinamarriage.jpg
    左・新郎のZengさん(45)、右・新郎のPanさん(27)

日本でも、簡単にではあるがこの結婚式のニュースが取り上げられていたし(こちら)、China Dailyのウェブ版の方では元記事を確認できた。
このChina Dailyには、よくバリボ記事が載っているので、以前からたまにチェックしていて、非常に詳細で読み応えのある内容だと思っていたが、国営とは知らなかった。

最初は、結婚式が行われたこともだけど、こうしたニュースを国営新聞が取り上げることが、画期的なことだと思った。でも記事を読み進めていくと、これは他国へのアピールのためにニュースにしたのかもしれない、と思えてきた。結婚式が行われたのは、記事より10日も前だし、この記事が出たのは「Google、中国撤退か」のニュースが流れた翌日。そしてこのカップルも、年季の入った二人なのかと思ったら、まだ出会って2~3ヶ月のほやほやカップル。
なんとなく意図的なものが見え隠れするが、中国の同性愛事情もわかって面白かったので、もう少しこのニュースを詳しく見ていきたい。

まずは今回の主役、ツェン(Zeng)さんとパン(Pan)さんについて。
ツェンさんは45歳で建築家。1年前に離婚していて、娘がひとりいる。20歳の頃から自分がゲイだと自覚していたが、だからって当時の中国ではどうすることも出来ず、結婚した。娘が成長して仕事に就いたことで、妻に告白。最初は妻がショックを受けて大変だったが、なんとか離婚にこぎつけた。
そして、パンさんは27歳で、復員兵。180cmあって男らしくてかっこいい、とはツェンさんの弁。
ふたりはゲイバーで出会って、お互い一目惚れ。パンさんには恋人の女性がいたが、別れてツェンさんと暮らし始めた。

ちなみに、中国の同性愛事情について調べてみたら、現在、およそ3千万人の同性愛者がいるという。
そのうち男性がおよそ1800万人。これは、中国の男女比が違うからだろう。(ひとりっこ政策で、女の子とわかると中絶するケースが多いのだそう) そしてその8割が結婚しているという。
中国には、「同妻」という言葉があって、同性愛者の妻のことを指すのだという。昨春には「第1回同妻会」が開催され、離婚した人も含めて同妻たちが集まって、様々な問題点を話し合ったのだそうだ。
ツェンさんの場合も、とても良い妻だったが、女性に魅力を感じないツェンさんにとってsexが苦痛で、わざと遠い職場を選び、家に帰るのは月に1~2回だったとか。

今はパンさんと出会って、式も挙げ、「もうどこにも隠れないよ」とツェンさんは言っているが、隠れるも何もまだ始まったばかりじゃない、大丈夫かな?と思った。
二人が結婚を決めたのは去年の11月だったと言い、その時点でまだ付き合って2ヶ月だった。
付き合って3ヶ月くらいは、萌えに萌えて(遠い目)、1分1秒も離れたくない!という時期だろうし、その時期に結婚を決めても、2年3年5年・・・と経つうちに、あれ??こんなはずでは・・・となることも多いんじゃないか。

いや、これが化石ビアンの老婆心であることを願いたい。
今回の結婚で、二人は相当な苦労や嫌な思いをしたようだし、この経験がふたりの絆をさらに強めてくれたことを願いたい。
たとえば、今回の結婚式には、200人の仲間が参加してくれたが、ツェンさんパンさんの家族、親戚は誰も来なかった。ツェンさんの姉は、パンさんと別れない限り弟とは呼べないと言い、また、ツェンさんは数え切れないほどの電話を友人や親戚からもらったが、皆、彼のことを恥だと言った。
中国では、近年、人々の同性愛に対する理解度が深まってきたと言われているが、身内となると、話は別なのだろう。

このニュースに続いて、一昨日(15日)、北京で中国初の「ミスター・ゲイ・コンテスト」が行われるはずだったが、直前になって警察が介入し、中止になったそうだ。(こちら
まだまだ混乱している中国ではあるけれど、昨年あたりから「中国初」の同性愛関連のイベントやニュースが急に増え、政府の同性愛への取り組み、政策は、確実に変化しつつあるようだ。
昨年6月には、中国初の同性愛フェスティバル、「上海プライド」が開催されたし、12月には中国初の国営ゲイバー「同志」がオープンした。

って国営ゲイバー!?
とびっくりしたが、雲南省の大理市という外国人ツーリストの多い街に、エイズ啓蒙、感染予防の活動拠点にする目的で、設立されたのだとか。
中国全土では、エイズ感染者の11%が同性愛者で、「同志」のある大理では、感染者の32%が同性愛者だと言う。この同性愛者の割合が高いのかどうなのかわからなかったが、日本では60%、オーストラリアでは80%(!)とのことで、中国は特別高くはない。今まで同性愛者の出会いの場が少なかったからだろうけど、今後あっという間に広がる恐れもあり、なんとか食い止めたいのだろう。

以上、中国同性愛事情について、いろいろ調べてみたが、どれもゲイの人の話題ばかりで、lesbian話題がほとんどないのが寂しい。と思ったが、個人的に発見した。
「世界のlesbian出会い系サイト」と言ってもいいサイトがある。このサイトには、世界中のlesbian/bisexualが登録していて(恐らく何万人という規模)、友人、ペンパルから恋人まで探せる。アフリカのあまり小さな国以外は、どの国でも登録者がいて、たとえば、トーゴ、マラウィ、タンザニアといった国でも登録者がいるのに、1年前に見たとき、中国の登録者はひとりもいなかった。ああ、規制されているんだなあ、と思った。
が!今回、1年ぶりに「中国」で検索してみたら、30人近くが登録していた。まあ半分は外国人だけど。顔出している若い中国人も数人いた。
中国が変りつつある、というのを肌で感じた瞬間だった。

余談だが、私自身はこのサイトを通じて、日本在住の同じスポーツ好きのアメリカ人ビアンの人と知り合って、一緒に観戦して、とても楽しいひとときを過ごせた。(今は日本にいないけど)
え、そのサイトのURLは、って?
うーーん、私の大好きなサイトなので、興味のある方は頑張って探してみて下さい。

記事が気に入ったら、クリック、お願いします~~。
    ↓       ↓       ↓      
FC2 同性愛 Blog Ranking logonav_20091125113431.jpg

スポンサーサイト
2009.12.27 Sun
2週間ほど前、mixiコミュの方に「同性愛者の女性がヒューストン市長に」というニュースについて、書き込みをしていただいていた。
私もこのニュースは聞いていたが、時間がなくてゆっくりチェックが出来なかった。
昨日、ようやくゆっくりチェックしてみた。

   米国有数の大都市ヒューストン(Houston)の市長選で12日、同性愛者であることを公表している
   市会計検査官のアニース・パーカー(Annise Parker)氏(53)が当選した。
   ヒューストンは約220万人の人口を抱え、米国内で同性愛者の市長のいる都市では最大。


同性愛に対して未だ偏見の強い保守的な南部テキサスという土地柄、数年前に一度、同性カップルの権利を認める法案がヒューストンの住民投票で否決されている、という背景を考えると、画期的なニュースだ。
・・・という話は他でも取り上げられていると思うので、私はアニースさんのビジュアルに注目してみた。

    annise1.jpg
              アニース・パーカーさん

どこにでもいる、ごくフツーの南部のやり手のおばさま、という印象だ。
バックはヒューストンのビルだろう。全米4番目の都市、いかにも大都会という感じ。
んがっ!騙されてはいけない。いや、だますつもりはないだろうけど、実際はこんな感じ。

Huston-TXa.jpg
             リアルヒューストン

高層ビルは、街の中心のほんの一角だけ。
10年ほど前にいとこが数年間ヒューストンに住んでいて、「大都市だけどすんごく田舎」と言っていた。
同じ頃、ニューヨーク近郊に住んでいた兄の話とはいろいろな点で全然違っていて、同じアメリカでも随分違うんだなあと思った。
ヒューストンではどこのレストランでも、どーーんと大量に食事やデザートが出て、そのせいなのか、人々はものすごく太っていたそうだ。どう見ても日本では「ちょっとぽっちゃり」のいとこが、「あなたはなんでそんなにスリムなの!?羨ましい!」といつも言われていたとか。

そうやって見ると、このアニースさんはスリムな方なのかも。
でも、19年来のパートナーのキャシー・ハバートさんは、正しくヒューストンの人だ。

amr0912131724001-p2.jpg
     左、パートナーのキャシーさん。右、アニース。

キャシーさん、なんてお金持ちそうなんだ!
いや、でもよく見ると、右端のおじさまの方が注目キャラかもしれない。めっちゃおねえ笑いをしている。
選挙事務所の委員長か何かだろうか。それとも、LGBT団体の役員か。(アニースさんは、一時ヒューストンのLGBT団体の代表も務めていた)

アニースさんは、一度も自分のセクシュアリティを隠したことがないという。
アニースさんと同い年で、2年前にカムアウトした作家のパトリシア・コーンウェルは、同じく南部の街に育って、「同性愛者は地獄に落ちる」と言われ、長年自分のセクシュアリティを認めることが出来なかった。
そうした土地柄や、時代背景を考えると、ずっとopenly gayできたアニースさんはすごい人だなあと思う。

現在、アニースさんは、養女2人とキャシーさんとの4人暮らし。

annise3.jpg
    2人の娘とキャシーさん。・・・キャシーさんは、トッツィー(映画)にも似ている。

上の写真は選挙後の写真だが、アニースさんは髪を切っている。こちらの方が、断然ビアンっぽい。
選挙中は、幅広い層を取り込めるように、あまりビアンビアンした髪型は避けていたのかもしれない。

       annise4.jpg
        たちゃーんっぽくなったアニースさん

本当は、キャシーさんについても知りたかったが、検索しても何も出てこなかった。一般人なんだろう。
ともあれ、今後のアニースさんの活躍に、注目したい。


いつの間にか陥落していたranking。
せめて10位以内に入っていたい・・・よかったらご協力を!
    ↓        ↓        ↓
FC2 同性愛 Blog Ranking logonav_20091125113431.jpg
       
2009.11.25 Wed
このブログを開設して、まもなく丸2年になる。
アップした記事が130ほど。ざっと計算すると、週1ペースで更新していることになる。
でも忙しいときは、2週間、3週間と空くこともざらなので、そんなに頻繁に更新している気はしない。

アスリートから女優、政治家まで、様々な人を取り上げてきた。記事をアップした後に、追加で書きたくなるようなことが起こったり、新たな発見をしたりすることが、よくある。今回は、そうした後日譚的な話題を取り上げたい。

■ダリヤさんその後
「lesbian大統領誕生?」で取り上げた、リトアニアのDalia Grybauskaite(ダリヤ・グリバウスカイテ)さん。この時点では大統領候補だったが、その後の選挙で大統領に選ばれた。

Dalia-Grybauskaite1_20091124171845.jpg
  リトアニア初の女性大統領、ダリヤ・グリバウスカイテさん。(53歳)

大統領になった途端、スタイリストでもついたのか、急に垢抜けて綺麗になった。
・・いや、そういう話ではなく。
大統領選挙の直後に、ホモフォビア法案(正式名は、「公的情報の有害な影響から未成年者を守る法案」)が可決された。この”有害な影響”の中には同性愛が含まれていて、未成年者が学校やメディアで同性愛に関する情報に触れたり、話し合ったりすることを禁じている。つまり、未成年者がアクセス可能なあらゆるメディアで、同性愛に関する情報を禁止することが出来るし、学校現場で同性愛を理由にいじめやホモフォビアな行為が行われても、それについて話し合うことすら出来なくなる。

全く時代錯誤な法案で、6月には当時の大統領が拒否権を発動して、議会にいったん差し戻された。
しかし再び可決され、3月には施行されることが決まった。
7月に就任したダリアさんは、
「このような法案が我が国で可能であることにひどく失望している」
と語っているが、大統領の拒否権は1度しか使えないので、法案の実施は確定している。
でもダリアさんは、改正案という手段を講じることをほのめかしており、今後に要注目だ。

ダリヤさんは5ヶ国語を話し、外交畑が長く、欧州委員も務めていたので、この法案がどんなに愚かしく時代錯誤で、EUの中でも非難の的になるであろうことを充分に認識している。その認識は、彼女のセクシュアリティとはなんら関係ないが、そもそも大統領選挙前に「ダリヤさんレズビアン説」が出たのも、彼女を失脚させるための罠だったんじゃないかと思う。lesbianであることが一大スキャンダルになる国だから。
しかし罠にはめたつもりだった人たちは気づいていないが、ダリヤさんはやっぱり実際にレズビアンだった。

・・・ってなに断言してんだよーー!
てへっ。
でも私のgaydarがクロクロクロ・・と叫んでいるので、そういうことにして、この話題を締めくくりたい。
ダリヤさんのセクシュアリティがどうあれ、この国で政治家を続ける限り、個人的な幸せは二の次だろう。
空手黒帯、鉄の女と呼ばれるダリヤさんには、この閉鎖的で時代錯誤なリトアニアの慣習、社会を変えるべく尽力してほしいし、大いに期待したい。
(以上、主な情報は、こちらや こちらより)

まだまだ続く、ゴジツタン。

ざっと計算すると、下のランキングをクリックしてくださっている方は、訪問者400人にひとり・・・(T_T)
ブログが気に入ったら、ぜひご協力ください。
      ↓     ↓     ↓
FC2 同性愛 Blog Ranking logonav_20091125113431.jpg

2009.04.01 Wed
最近こうした話題が続いているが、スイスのチューリッヒ市長に、lesbianと公言しているCorine Mauch氏が当選した。(こちらに関連のニュースが多数あり)

corinemauch.jpg
         Corine Mauch(コリーヌ・マウフ)さん

この選挙、最初は2月に行われたが、誰も当選獲得票数に達しなかったため、先日29日、上位ふたり~Kathrin MartelliさんとCorine Mauchさん~で決選投票が行われた。
どちらが当選しても、チューリッヒ初の女性市長誕生だった。

私が注目したのは、ライバルのKathrin Martelli(キャスリン・マーテリ?)さん。
間違って、当選したコリーヌさんの写真として、キャスリンさんの写真を載せているニュースサイトがあったが、さもありなん・・・だって、キャスリンさんの方が、ビアンっぽいから!

      mar1.jpg
              ワタスがキャスリンだす

キャスリンさんは、結婚して、もう成人した子供がふたりいる。56歳。
コリーヌさんは、60年生まれの48歳。長年の恋人と、一緒に暮らしている。90年代には、ふたつのロックバンドでベーシストとして活躍したという異色の経歴を持つ。

しかしキャスリンさんだって、結婚して子供がいるというだけでは、ストレートかどうかはわからない。スイスで同姓婚(パートナーシップ法)が施行されたのはごく最近(2007年)のことだし、EUの中ではそれほどゲイビアンにとって、開けた国ではなかったようだ。

marmau2.jpg

「アタシだってほんとは女性が好きなのに!」 「政治家だから我慢してストレートのフリしてきたのに!」-右・キャスリンさん。(・・完璧な妄想)

今年の5月に、EuroPride(毎年ヨーロッパのどこかで行われるゲイビアンのイベント)が、チューリッヒで開催される。オープニングで、コリーヌさんのスピーチが聞けるのは、嬉しいことだ。

そろそろ日本でも、カムアウトする現職の国会議員など、出てきてほしい。
という話をしていたら、彼女が「ノブ子!?」と。
う~~ん、出来れば、ノブ子さん以外で、お願いしたい。

FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20090326183034.jpg
2009.03.01 Sun
johannaS2.jpg daliaG2.jpg

上のおば(あ)ちゃま対決。 さて、これは・・・?

左は、ご存知の方も多いと思うが、先日、レズビアンとカムアウトしている政治家で世界初の首相となった、アイスランドのヨハンナ・シグルザルドッティルさん。
そして右は、リトアニアの大統領候補、Dalia Grybauskaite(ダリヤ・グリバウスカイテ)さん。元財務大臣で、現在はEUのリトアニア代表。5月に大統領選挙が行われるが、有力候補。そして、長年レズビアンと噂されていたが、昨日、ネット上ではっきりと否定した。
"If you are asking whether I am a lesbian, then no, I am not."

が、しかし。
同性婚が認められているアイスランドとは対照的に、リトアニアはヨーロッパで最もホモフォビアがひどい国のひとつ。
リトアニアは、お隣ポーランドと同じくカトリックの国で、教会はセクシュアル・マイノリティの団体と対立しているし、ゲイパレードも禁止され、ゲイの活動家がレインボーフラッグを掲げることさえ禁じたりしている。
2004年、EUに加盟するまで、「雇用の際、性的指向によって差別してはならない」という法律もなく、それがEU加盟の条件のひとつになっていたので、渋々制定した、というお国柄。
外務大臣さえ、「この国のホモフォビアのひどさ」は認めており、「こうした状況はひとつの政党、ひとりの大臣の手によって変わるものではない」と述べている。

こんな状況下で、仮にダリヤさんがlesbianだとしても、大統領候補として、公表するわけにはいかないだろう。公表すれば、落選間違いなし。その前に、候補ですらなくなるか。
さて、事実はいかに?皆さんのゲイダーは・・・?(主なソースはこちら

ちょっと検索していたら、リトアニアの大手ゲイ・ビアンサイトがヒットした。
そこでも当然この件に関して議論されていたが、リトアニア語なのでよくわからない。
翻訳ソフトにかけたら少しわかった。
「lesbianであることを、彼女はきっぱりと否定している。・・・そうか、彼女はバイなんだ!」
と書いている人がいて、笑った。

お隣ポーランドのホモフォビアも相当なもので、学校現場での同性愛教育を禁じる法案が提出されたり、イギリスBBCの人気子ども向けテレビ番組「テレタビーズ」のキャラクター、ティンキーウィンキーがゲイではないか?という疑惑から、番組制限の動きを見せたりしている。

   tinkywinky.jpg
      BBCの人気キャラ・Tinky Winky

男の子なのに「赤いハンドバッグがお気に入り」というところがゲイ疑惑を招き、さらに、この番組がゲイ奨励番組なんじゃないか、という疑惑を招き・・ということらしい。最初、冗談かと思ったが、あちこちのニュースサイトに出ていたので、本気なようだ。

   tinkywinky2.jpg

まあ、たしかに言われてみれば、つぶらな瞳やしぐさがオネエで可愛いTinky Winky。
でもだからどうなんだ?って感じだが。

ポーランドは国民の95%がカトリック教徒と聞き、「本当にそうなのか?」と知り合いのポーランド人に聞いたことがある。
「そうだ、ポーランドはカトリックの国だから」
と答えた彼女の顔が、誇らしげに見えた。
そして、そんなポーランドでは、クリスマスが最大の行事になるとか。24日の真夜中、誰もが教会に行くんだそうだ。「子供も?」と聞いたら、
「そう、子供も。赤ちゃんとそのお母さんくらいかな、行かないのは」と言っていた。

私も若い頃に1度だけ、”厳粛なクリスマス”の雰囲気を味わいたくて、カトリック信者の友人に頼んで、聖夜に教会に連れて行ってもらったことがある。あれを国民全体でするのか、と思うと、なんだかすごいなあと思う。ホモフォビアはもちろん忌むべきことだし、絶対にNo!だけど、その国の宗教事情など考えると、そうなってしまうのは仕方ない面もあるのかもしれない。

現在、EUの中で、ポーランド、リトアニア、ラトビアが、ホモフォビアっぷりを非難されたり警告を受けたりしている。こうしたカトリック国では、内側から変わるのは難しいだろうから、国際化の流れの中で、変わっていってほしい。

ところで!そんなポーランドには、なぜか見るからにビアンっぽい人が多い。オリンピックのときなど、ポーランド人をよーく観察してほしい。どの競技にも、それっぽい人が多い。「っぽい人が、1番多い国」と言っても過言ではない。
抑圧された分、無意識のうちに外に出てきてしまうんだろうか?
これは、「一見すごく男っぽい人やおなべさんに限って、胸がデカイ」という法則(私の長年の観察による)と同じ原理だろうか?いや、なんか全然違う気もするが・・・。このあたり、乙女Jamesさんにでも、次なるテーマとして、研究してもらいたい。

FC2 同性愛 Blog Ranking bound2_20090122010359.jpg
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。