ビアン通信 カムアウト
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.14 Fri
Dr.Scarpetta(検屍官)シリーズの作者Patricia Cornwell(パトリシア・コーンウェル)
が、先月カムアウトした。おお、ついに!
しかも2年前に結婚していたという。お相手は、ハーバード大学医学部(精神医学)
助教授のDr.Staci Gruber。コーンウェルが神経科学の取材に行って、知り合ったとか。
このカップル、この前のAnne&Miriam以上の最強カップルかも?

cornwell2 51K3FD56WYL._SS500_[1]
    コーンウェル

検屍官シリーズ、私は全作読んでいるが、最初の頃は面白くて夢中になって読んだ。
でも最近の数作は本当につまらなくなってきていて、特に前作は読み通すのも辛かった。が、この10月に出た15作目「Book of the Dead」は評判も良いので、今から翻訳本が出るのが楽しみだ。

検屍官シリーズは、ストーリー展開、緻密な人間関係、緻密な人間心理の描写など、
小説としての面白さは勿論だけど、作品全体からそこはかとなく漂ってくる、
「作者の女性へのパッション」が、いい。
主人公のスカーペッタはストレートの女性だし、レズビアンなのは姪のルーシーだけ。
スカーペッタは「伯母として」、天才で繊細、孤独な姪を愛しているわけで、そこには
何もおかしなところはない。でも読んでいると、「伯母が姪に愛情を注ぐ」という形を借りて、コーンウェルが女性へのパッションをつづっているように思えてならない。

コーンウェルは10年前、一大スキャンダルに巻き込まれた。
FBIの捜査官の妻とコーンウェルが恋仲になり、それを知った夫が妻の殺害を企てた。
未遂に終わったが裁判沙汰になり、コーンウェルも出廷。でも、関係は否定した。
以来、先月末にUKの新聞のインタビューに応えてカムアウトするまで、彼女が自分の
セクシュアリティーについて、語ることはなかった。

patriciacornwellblwe_20071214022102.jpg
近影。たっちゃんっぽくなった。でも朝丘雪路にも似ている。

その初めて語った「Dayly Telegraph」のインタビュー記事はとても面白い。
日本にいると、アメリカはゲイ、レズビアンに対して寛容で、非常に進んだ国という印象を受けるが、正式に結婚が認められているのはマサチューセッツ州だけだし(今回コーンウェルが結婚したのもここ)、彼女のように保守的な土地柄に育った人間にとって、「同性愛者として生きる」というのは、依然とても大変なことなんだとわかる。

コーンウェルは、保守派クリスチャンたちが多く住む南部の街に育ち、「同性愛者は変態だから、地獄に落ちる」と教わってきたと言う。だから、自分の中のlesbianismを認めたり受け入れることが、なかなか出来なかった。
彼女は高校の頃から、自分はどこか他の女の子たちと違うと感じながらも、それがなんであるかよくわからなかった。そして若くして結婚、10年後に離婚し、作家としてスタートするが、その頃初めて女性と恋に落ちた。
それでも、「私はまだ本当の相手(男性)に出会っていないだけだ」と思おうとし、男性とも付き合った。女性との関係はずっと秘密にしていたが、彼女の作家としての成功を妬んだ友人二人にoutingされ、あのスキャンダルが起きる。
その後、なかなか人と安定した恋愛関係を持つことが出来なかったが、今のパートナーと出会い、やっと安住の地を見出した。

それでも彼女は今、いろいろなことに対して憤っている。
同性婚に反対するグループは、「同性同士の結婚を認めたら、次は動物との結婚も認めることになる」と言う。コーンウェルが何かのゲストに招かれるとき、パートナー同伴で、とは決して言われない。ディナーパーティに二人で行けば、客の半分はgayを嫌っているのを感じる・・・など。

その怒りを、ぜひ作品の中で昇華させていってほしい。スカーペッタではなく、タフで知的で愛情溢れるlesbianのニューヒロインを誕生させ、描いていってほしい。

L&G Blog Ranking e_02.gif
スポンサーサイト
2007.12.04 Tue
ドイツ話題でもうひとつ。
世界選手権、オリンピックなどでメダル、入賞経験のある棒高跳びの女子選手、
Yvonne Buschbaumが、性転換手術を受けるため、引退を発表した。
彼女はずっと自分の身体が間違った身体だと感じていたと言い、引退後
ホルモン療法を開始する。

陸上には詳しい・・・いや違う、正確に言うと、陸上の海外女子アスリート
(特に東欧、特に金髪、特に青い目)に詳しい私だけど、この選手は知らなかった。
どんな選手かと思い、早速検索してみた。

yvonne2.jpg

・・・どこ手術するのかしら?

とても男らし~イヴォンヌだけど、彼女、いや彼の場合はTSだから当然か。
写真を見ていたら、以前、ドイツ在住のビアン友達に聞いた話を思い出した。
ドイツには、とにかく「男っぽいlesbian」が多いらしい。
ビアンバーやそうした集まりに行くと、男か!?と思うような人がごろごろ。
日本とは「ボーイッシュ」の基準というか、レベルが違うらしい。
日本で「ボーイッシュ」「男っぽい」と言われている人でも、ドイツに行ったら
きっと「可愛い女の子」としか言われないよ、と友人。
それならきっと私は、「超フェミニン」って言われるなー!

・・・しーーん。

このtopicのソースは「PinkNews.co.uk」

L&G Blog Ranking
2007.11.27 Tue
anne

上の写真は、ドイツの超有名・人気ジャーナリスト、Anne Will。(42歳)
ドイツで最も人気のあるニュース番組のキャスターを、今秋まで6年間務め、
現在は、自身がホストの政治トークショー「Anne Will」で活躍中。
でもって、この美貌!日本で言えば、安藤さんか。いや、実績、人気を考えると
さらに数段アップか。

このAnne Willが、先日カムアウトした。
お相手は、大学教授のMiriam Meckel。(40歳)
こちらも元ジャーナリスト、32歳という若さで教授になった才媛で、
度々メディアにも登場。そしてこの美貌!

anmi.jpg
      左、Anne。  右、Miriam Meckel。

ふたりは5年前から付き合い始め、その後、度々パーティなど公の場に
一緒に出席していたことから、関係は周知の事実だったらしい。
が、今までふたりの関係について、語ることはなかった。
今回のカムアウトを受け、彼女のボスも彼女の支持を表明。

以上、ソースは「afterellen.com」の こちらの記事
記事によると、ドイツには現在、同性婚の法律はないが、同性同士のカップルに
夫婦に準じた権利を認める、パートナーシップ法がある。
また、最近の世論調査では、国民の半数以上が同性婚を支持。
そんなドイツでも、今までカムアウトした「high-profile gay men」は何人かいたが、
カムアウトした「high-profile women」は殆どいなかったので(特に政治絡み)、
その意味では画期的な出来事、カップルだったようだ。

anmi2.jpg

high-profile gayの中に、ベルリン市長とハンブルク市長がいたのには驚いた。
日本で言えば、都知事と横浜市長はゲイであることをカムアウト済み・・・ってとこか。
さらに、日本で言えば、Anneは安藤さん、Miriamは・・・Miriamは・・・・・
だめだ、田島せんせーしか浮かばない。
カムアウトやsexuality以前に、日本のhigh-profile women界には
ちょっと問題がありそうだ。

しかしこのニュース、久々に萌えた!
blogを前々から作りたいと思っていたけど、よし、作ろう!という原動力にさえなった。
だってふたりとも、めっちゃ好みなんだもん。
海外では女優、モデルなどのカムアウトが増えているけど、それより遥かに
ワタシ的には萌えます。ツボ。
Smart is sexy!!!!!!!!!

L&G Blog Ranking
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。