ビアン通信 2008年04月
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.23 Wed
gym12_20080423190342.jpg
              
ガンを飛ばしあうふたり。

・・・じゃないって!
空中パフォーマンスの練習中に、ふと顔が近づき、「あ・・・」とsexyな感情が流れるシーン。kissするかなあ!?と思ったけど、この場面では、未遂に終わった。

「The Gymnast」。邦題・「愛のエアリアル」。
昨年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映されたので、ご覧になった方もいらっしゃると思う。
元体操選手で、オリンピック目前にして怪我で夢絶たれ、今は不毛な結婚生活を送っている40代のJane。たまたま出会った空中パフォーマンスに魅せられ、ショーの練習を重ねるうち、パートナーのSerenaと恋に落ちる。

gym3.jpg

このいかにも生活に疲れた感じの40代女性を、Dreya Weberが好演している。
彼女の場合、結婚して子供を熱望しているのに恵まれない、夫に理解がない、というのもあるけど、若くして人生賭けるものに出会ったのに、挫折した・・・というのが大きいと思う。

私の若い友人にも、元アスリートがいる。
彼女も、ビッグチャンスを掴んだまさにそのときに、大怪我で離脱、引退。
その後の彼女を見ていると、本当に大変そうだ。何をやっても何かが足りない、これじゃない、という感じ。賭けていた「それ」に代わるものが、なかなか見つからない。
まわりが何か力になりたくても、結局自分で掴んでいくしかない。

この映画のJaneは、子供になかなか恵まれないが、もし子供に恵まれたとしても、心の渇きは癒えないと思う。渇きを忘れられるのは、いっときのこと。自分で何かを変えていかない限り、変らないと思う。

ストレートの既婚者が、ビアンの女性と出会って、変っていく、という映画は多い。
「Lianna」(邦題・「リアンナ」)もそうだし、「Desert Hearts」(邦題・「ビビアンの旅立ち」)もそう。「Desert Hearts」の場合は、離婚のために街を訪れたところから始まるので、少し状況は違うが。(なぜかどちらの作品も、片方が大学教授だ。)

Desert HeartsDesert Hearts
(2000/05/02)
Audra Lindley、Andra Akers 他

商品詳細を見る

Jane Lynch(Lの弁護士ジョイス役。out女優)も、インタビューで、好きなビアン映画を聞かれて、この「Desert Hearts」を挙げていた。「ラブシーンもいいし」と言っていたが、その通り! ぐふっ。
それにひきかえ、この「The Gymnast」は、キスシーンのみで、ラブシーンが出てこない。

gym11.jpg

上のグラス、ふたりが初めて結ばれるシーンで、ずーっとくるくる回っていた。
・・・ってこんなもんで誤魔化されないわよ~!!
と、そこだけは残念だったけど、この映画、色彩がとても綺麗。赤を基調に、補色でシアンが効果的に使われている。赤は、Janeの内心に閉じ込められていた、passionの象徴か。

ラブシーンはないが、主役ふたり(特にJane)の筋肉が素晴らしいので、筋肉フェチの方なら、萌え萌えになるかも。実際に、Jane役のDreya Weberは、こうした空中パフォーマンスをしている人で、Serena役のAddie Yungmeeは、マドンナ、ジャネット・ジャクソン、 Pinkなどのツアーに参加しているダンサー。

gym21.jpg
                 たくましい・・・

筋肉フェチじゃなくても、パフォーマンスが本当に素晴らしいので、一見の価値あり。
日本語版DVDはまだ出ていないが、そのうち発売にならないかな?
U.S.amazonで購入される場合は、こちら

FC2 同性愛 Blog Rankinglogo19.jpg
スポンサーサイト
2008.04.22 Tue
先日オフの予告をしたら、沢山の方から参加希望のメールやメッセージをいただきました。ありがとうございます!
現在、25名ほど。でも、すいません、先日の記事では説明不足だったようですが、5月の初旬に詳細を決めてあらためて告知しますので、そのときに、参加希望の方はメールでご連絡ください。
今回ご連絡を下さった方も、そのときに再度メールにて、ご連絡ください。
定員(30~33人くらい。お店次第)になったら、閉め切らせていただきます。

もちろん、それ以前にも、オフに関して質問などありましたら、遠慮なくどうぞ。

FC2 同性愛 Blog Rankinglogo16.jpg

2008.04.17 Thu
オフします!
日時は6月14日(土)6時半頃~。場所は渋谷。
と、これしかまだ決まっていません。これから詳細を決めて、5月初旬くらいに、改めて告知します。

チャットで2~3回、オフの話を振ってみた。今のところ、来たいと言ってくれている方が、10数人。最終的には結構な人数になるのではないかと思う。でも居酒屋は、大きな部屋でも30人強が限度のところが多いので、定員は30人にしたい。
なんて言ってて、もっと少なかったら?それはそれで、全員と話もしやすくていい。
20人ちょっとなら、新宿の某店を考えている。

今回は、10代~50代まで、幅広い年代のオフになりそうだ。
最年少組は、私の息子と同い年。え、kooって子供いたの?という方のために、自己紹介を少々。
現在、離婚して、子供たちと3人の生活。子供と言ってももう大人なので、大学(院)を出たら、家を出ると言っている。あと数年で、本当にひとりになる。
私と同い年の彼女は、独身で、親と同居、そして、遠距離。
彼女とのことも含めて将来のこと、生活のこと、仕事のこと、シェーン(ケイト)はビアンか・・・など、考えることは、いっぱいある。こちらにも少しずつ書いていきたいけど、オフでいろんな人と会って、話せるのを楽しみにしている。

前のサイトのオフのときも、関西、東海、東北など遠方から、毎回数人が参加してくれた。きっと今回も同じじゃないかと思う。そして、今回のスペシャルゲストは、ドイツから一時帰国のkdさんとドイツ人の彼女さん。彼女たちに会うのも8年ぶりなので、かなり楽しみ。
オフの参加者は、年齢も、人種も、居住地も、バックグラウンドも・・・何もかも違っている。それでも、「女性を愛する女性」という一点でつながっているのが、面白い。これも何かの縁かな。

以前のサイトのときのおなじみの方たちも、新しい方たちも、welcome!
ただサイト主催のオフなので、一度でもチャットか記事のコメントで参加したことのある方か、私と面識のある方、+その方たちの彼女さん、ということに限らせていただきたい。
4月になってもなかなか時間がとれず、更新も滞りがちだけど、このブログを面白がってくださる方なら、基本的にどなたでも歓迎。
皆さん大人の方が多いので、おひとりでのお初参加も、全く問題なし。きっと楽しんでいただけると思います。

">FC2 同性愛 Blog Rankinglogo16.jpg
2008.04.08 Tue
  ep12o.jpg

ヘレナが帰って来た!!
シーズン5の途中からいなくなっていた彼女だけど、再び登場。
ヘレナママには、会うなり、「何着てんの!?」と言われてたけど、前よりずっとワイルドになって、いい感じ。こういう女らしくて品のある人が、ラフなスタイルをしているのって、かなり好き。
シーズン2の日本語版が出たところなので、2を見終えた方にとっては、え、ヘレナ?と、良い印象がないかもしれない。でもこれから、ナイスキャラ!に変っていくので、要注目。

ヘレナ演じるRachel Shelley(レイチェル・シェリー)自身が、とても評判がいい。
共演者の誰のインタビューを見ても、「とても優しくて穏やかでいい人」と誉めている。
前にレイチェルへのCurve(アメリカのビアン雑誌)のインタビューで、
「ファンはあなたのこと、最高に美しい女性と言ってます」と言われ、
「だってファンは、私が何百時間もお化粧して、ヘアをセットして、その後見てるのよ。
起きぬけの私を見たら、誰も私だって、わからないわよ!」
と言って、大笑いしていた。
このインタビューを見て、ますます彼女が好きになった。
ぜひシーズン6では、途中でいなくなることなく、ずっと出ていてほしい。
そして、ヘレナに愛を!!

  ep12j.jpg

上の写真、右はアリス(cute!!)、左は、ep11~12の新キャラクターで、アリスの新恋人になるのかならないのか?不明のクレア。
上のシーンを見たとき、「乙女の祈り」を思い出した。

heavenly.jpg


乙女の祈り

(2004/11/25)
メラニー・リンスキー、ケイト・ウィンスレット 他

商品詳細を見る
と思ったら・・・メラニー・リンスキー!同一人物だった。(上、左)
このアリスとクレアの衣装も、「乙女の祈り」を意識してのものかも。

それにしてもアリス、守備範囲が広いなあ。ターシャとクレア、どこにも共通点がない。
私も結構広い方だと思うけど、このクレアだけは、どうしてもダメ。生理的に、一番苦手なタイプ。(ファンの方、ごめんなさい!) この乙女風な外見と、べた~っとねばり付くような雰囲気。うわ~~!
でももしもクレアが、話してみたら、実はすっごく面白くてサバサバした人だったら?
・・・意外性で、はまるかも。
「これだけは無理」とか「苦手」と思ってる相手ほど、もしもはまると底なしに。
そんなわけで、怖いもの見たさもあり、しばし注目したいクレア。
シーズン6にも出るのかどうかはわからないけど。

怖いもの見たさと言えば、Adele。しかしそのアデルは・・・

ep12i_20080408191348.jpg

ああ、私のアデルが、単なる策略家、単なる悪党になってしまった。
初期の彼女には、いかにも精神病んでる風、サイコちっくな雰囲気があった。
そしてそれこそが、私を惹きつけて止まなかったのに。
「母が精神を病んでサナトリウムに入院した」という身の上話も、「あ、これは絶対アデル自身の話に違いない!」と思った。
ジェニーと同じサバイバーで、成功を手に入れたジェニーに対しては愛憎半ば、複雑な思いを抱いていて、ジェニーを転覆させると同時に、自身のアイデンティティーもがらがらと崩壊していく・・・そんな図を想像していたのに。
アデルがまっとうな悪人だったなんて・・・残念だ。
シーズン6にも登場するなら、ぜひ本来のサイコなアデルに立ち返って欲しい。

The L Word Season5 (final 512)-3に(多分)続く。

FC2 同性愛 Blog Rankinglogo14.jpg
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
The L Word    Comment(13)  TrackBack(0)   Top↑
2008.04.05 Sat
The L Wordのシーズン5が終わってしまった!
毎週楽しみにしていたので、寂しい。でもこれでようやく、L関連の海外サイトがチェック出来る。私はシーズン中、L関連の海外サイトの記事は、一切見ないようにしている。なぜって、向こうのサイトはネタバレ情報満載だから。
毎回、予告編も見なかった。次回はどうなるんだろ~?と妄想たくましく、あーでもない、こーでもない、と想像するのが好きだった。ああ、その妄想とも、しばしのお別れ。

シーズン5のラスト12話の感想を書きたいけど、これも日本語版シーズン1、2を今見ている方たちにとっては、ネタバレになると思う。ネタバレ困る!という方は、どうか読み飛ばしてください。

  ep12a.jpg
                core value.....

Jodyのpublic復讐劇。
種をまいたのはBetteだから、仕方ないか。とは言え、Jodyとは絶対お友達になりたくないなあ。ふたりの間のことはふたりのこと。裏切り自体は100%相手が悪いとは言え、ふたりの関係で、どちらかが100%悪いということはないはず。どんなに相手にひどいことをされたとしても、友人たちに言って、聞いてもらえばすむ話。
まあでもそれとは関係なく、このJodyの「作品」、キッチュで素敵、と思ってしまった。
L Wordの美術監督って、誰なんだろう?

そして傷ついたBetteは・・・

  ep12ba.jpg

  ep12c.jpg
              止まり木ティナと、ベット

この下のシーンは、かなり好き。ベットがセミ状態になっている。
シーズン5では、ベットはどんどん優柔不断で弱々キャラになり、ティナはどんどん強く逞しくなっていった。

ベットとジョディの別れからは、いろいろ考えさせられる点も多い。
ベットの一番の間違いは、ティナとよりが戻って、本当に愛しているのはティナだけだ、と気づいたのに、先延ばしにしてジョディに言わなかったこと。
「pinkride(乳がん撲滅のイベント)が終わるまでは言いたくない」ーこれが一番の過ちだったと思う。結局、言う前に、偶然の形でばれてしまった。
「○○が終わったら言う」・・・これは、「明日になったらダイエットを始める」というのと同じだと思う。(同じかしらん?) 

そして、「価値観が違う」、これも別れのときに言うセリフじゃなかったと思う。たとえ真実だとしても。「I've always loved Tina.」-これだけで良かったのに、と思う。
別れのときって、あれこれ言えば言うほど、相手を傷つける。別れる、他の人を好きになった、というだけで、相手を充分傷つけているんだから、あとはもう「ごめんなさい」って言うしかないのに。
本当にベットって不器用だなあ、と思う。仕事はバリバリでも、恋愛に関してはダメダメ。でもそんな面もひっくるめて全てを受け入れてくれる母なるティナは、本当に美しい。

  ep12n.jpg
       手前にいるのはジェニー。友情にも厚いティナ。

  ep12k.jpg

ラスト12話を見た全体的な感想は、えーーー、これで終わり!?ベットとティナが落ち着いたのはいいとして、他の人たちはみんな問題山積み。次のシーズン6が、従来通り12話あるなら平気だけど、8話しかないので、これをどうやってまとめていくのか?大急ぎで話が進んでいきそう。
どうせあまりまとまらないなら、今まで出た人たちを総出演させてほしい。
私としては、Dylan!Dylan! 彼女は、Danaを!と言っている。

ラスト12話、他の人たちも取り上げたかったけど、また次回。
シーズン6、どんな展開になるのかわからないけど、もうBette&Tinaだけは、平穏なままでいってほしい。

FC2 同性愛 Blog Rankinglogo01.jpg
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
The L Word    Comment(10)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。