ビアン通信 2008年10月
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.26 Sun
エデンより彼方にエデンより彼方に
(2005/07/16)
ジュリアン・ムーア

商品詳細を見る

「めぐりあう時間たち」でジュリアン・ムーアにはまって、同じ頃に彼女が主演した、「エデンより彼方に」を見た。
こちらも50年代の話で、同じく良家の主婦を演じていたが、立場が逆になっていた。
「めぐりあう・・」では、同性への想いを胸に秘めた妻・ローラを演じていたが、「エデン・・」では、同性への想いを消せずに苦悩するのは夫の方だった。ムーアも良かったが、この夫を演じたデニス・クエイドが、とても良かった。
(以下、ネタバレ)

  farfrom2.jpg
     左・デニス・クエイド(フランク)、右・ジュリアン・ムーア(キャシー)

大会社の重役で、地元の名士。大邸宅に、美しい奥さんとふたりの子供。
人生の成功者・・・なのに、どこか崖っぷち感のある、夫・フランク。
仕事帰りに立ち寄った映画館で、見かけた男二人連れ。なぜか気になり、ふらふらと後を追って行くフランク。気がつくと、そこはゲイバーだった。

  heaven-bar.jpg

余談だが、このゲイバーを見たとき、kinsが出来たばかりの頃(15年前)を思い出した。みんなカウンターにひとりで座り、まっすぐ前を見て、お酒を飲み、煙草を吸い、決して目を合わさず、誰もしゃべらなかった。大きな期待と不安と恐れと緊張が、入り混じっていたんだと思う。

この後フランクは、ひとりの男性と自分の職場に戻り、いざ・・・!というときに、夜食を届けに来た妻・キャシーに、その現場を見られてしまう。
フランクは、
「若い頃、ある問題を抱えていた。もう治ったと思ったのに、最近またそれが出てきた」
とキャシーに告げる。そして、ふたりで精神科医のもとを訪れる。

当時、同性愛=病気であり、絶対タブーでもあった。
精神科医は、
「治療は主にカウンセリングで、ショック療法やホルモン療法もある」
「治る確率は非常に低い」
「治療に関しては、奥さんとよく話し合って・・・」
と言うが、フランクは
「その必要はない」
「絶対治療は受ける」
「こんなことで自分や家族の人生を台無しにしてなるものか」
と主張する。

      farfrom.jpg

でも、治療を受ける=自分のセクシュアリティを認める、向き合うということだから、むしろパンドラの箱を開けたようなものではないか。
ある日、家に帰って来たフランクは、子供たちもいる前で、泣き出してしまう。
「他の人を好きになってしまった」
「生まれて初めての想い」
「今、自分がすごく残酷なことを言ってるのはわかっている」
「君や子供たちのために、なんとか忘れようとした。でも」
「I can't...I can't...」
と号泣してしまう。

この後、フランクは、恋人の男性と暮らすため、キャシーと離婚をする。

フランクの告白の場面には、涙を誘われた。
でもその前の、精神科医とのやり取りを見ていたら、いろいろなことを思い出した。
私は、「付き合っていた相手が精神病院に入院させられた」という人を、数人知っている。それも、「レズビアンだから」という理由だけで。
いずれも私と同年代、80年~90年初めの話だ。
ひとりの人は、近所の主婦と恋に落ち、それが相手の夫にばれ、逆上したその夫に強制的に入院させられた(相手)、と言っていた。
「自分が入院させられた」という人には会ったことがないが、それは言えないだけで、きっといるだろう。
この作品では「夫がゲイ」だから、それがばれても、誰かに何かを強いられるということはなかったが、もし妻なら、同じようなことをされていたのだろうか?
調べたら、同性愛を治療の対象から外されたのが、アメリカでは87年、WHOでは93年、日本では95年ということで、そんな最近まで病気の扱いを受けていたのか、と驚く。

この作品の後、「ブロークバック・マウンテン」を見た。こちらは1963年~83年が舞台で、この作品よりも後の時代の話なのに、状況はさらに過酷だった。「エデン・・」がコネチカット、「ブロークバック」はワイオミングと、地域の差もあるだろう。
また機会があれば、「ブロークバック・マウンテン」も紹介したい。

FC2 同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト
2008.10.18 Sat
■来月オフ参加者の皆様へ
オフの詳細メールは、明日かあさって、出しますので、お待ち下さい。
来週の水曜日になってもメールが届かなければ、ご連絡ください。

■キャンセル待ち、2次会について
参加希望が間に合わなかった方たちから、
「キャンセル待ちは出来ないのか?」「2次会だけでも参加出来ないか?」
といったお問い合わせをいただいています。
はっきりした人数は、今月末にはわかると思うので、空きがあるようなら、その頃、
こちらでお知らせします。
2次会も2丁目です。PM7:45-9:45、某店・貸切(飲み放題)です。

■mixiコミュオフ
mixiのコミュ、「海外レズビアンCULTURE!」でも、来年はオフをしたいと思っています。
予定では、来年1月か2月。
少人数(コミュに参加している女性ならどなたでもOK)で、ビアンDVDや海外ビアン雑誌をもち寄ったり・・・といった、うちのコミュならではのオフを考えています。

■関西オフ
以前のサイトのとき、年に1回やっていた、関西オフ。来年、また再開したいと思います。予定では、来年の夏、8月頃。
いつも賑やかで、フレンドリーでパワフルだった関西オフ。
「バッグにはいつも飴ちゃんが入ってる。」という大人な関西人のあなたにこそ、参加してもらいたい!(マイブームは、森永のあずきキャラメル)

■その他オフ
未定ですが、来年の私のバースデイの頃に、大規模なオフをしようかと思案中。
あと2年で大台!(30代)なので、パーッと普段の倍くらいの規模で、考えています。

■mixiプロフページ
トップの写真を変えました。
このイラスト・・・なんだかわかる方、いますか?(答えはまた後ほど)

   lora12.jpg

■禁煙
10/3、お誕生日に禁煙を始め、2週間が過ぎた!!もう禁煙ではなく、断煙したい。
私の喫煙歴は、
7年喫煙→8年禁煙→15年喫煙→禁煙
あ~もう肺の中は真っ黒だな。でも5年、10年と経てば、ずっと吸わなかった人と変わらなくなるそうなので、ガンバロー。
8年も禁煙が続いていたのに、なぜまた吸ったの?とよく聞かれるが、あの頃の私は、まさにローラだったから。「めぐりあう時間たち」を見て、そのことを再確認した。
そして、あー・・もうやめ時だな、と思った。

しかし、以前やめたときより、遥かにしんどい。禁断症状で、毎日、超~~眠い、めまいがする、頭がくらくら。だいぶ楽にはなってきたけど、眠気がとれない。風邪で、風邪薬を飲むと、目が開けていられないほど眠くなることがあるけど、常時そんな感じ。

禁煙って、恋人との別れに似ている。今はまだ、
「あ~、この心にぽっかりあいた穴を、どうやって埋めればいいのか・・・」
と思っているけど、何ヶ月か経てば、
「穴なんて最初からなかった!出会ったから、あいたんだ。」
「出会う前は、アタシ、ひとりで結構幸せにやってた」
と思い出すんだろう。
でもまだとてもその心境には行っていない。最初の数日間の狂おしいほどの切実さはなくなったけど、まだまだこの喪失感を持て余し、未練たっぷり。
時折むしょ~~に欲する自分に驚く。
ああ、別れって切ない。

なんて書くと、また噂が千里をかけめぐるので。
「彼女とは、(大変)順調です!!!」

■DVD
上のmixiのイラストは、映画「ラン・ローラ・ラン」(原題・Lola Rennt)の走るひとコマ。

ラン・ローラ・ランラン・ローラ・ラン
(2003/08/20)
フランカ・ポテンテモーリッツ・ブライプトロイ

商品詳細を見る

前に紹介した、ジル&キャシーの恋が芽生えた「And Then Came Lola」が今アメリカで公開中と聞いて、元ネタのこちらの映画を再び見たくなって、見た。7~8年ぶりに見たけど、ちっとも古臭くない、斬新!超カッコイイ!!
初めて見たとき、「かまいたちだ!!!」と思った。(かまいたち=かまいたちの夜) 
元ゲーマーの私のゲーマー心をくすぐるストーリー展開、音楽もゲーム音楽っぽいノリ(最高)、途中、「ドミノ倒し」の日本のテレビ番組が使われている・・・など、監督は絶対ゲーマーだ!と確信している。

しばらくブログを更新していなかったが、その間に、DVDや本を沢山見たり読んだりした。
明日また、それらを紹介したい。

FC2 同性愛 Blog Ranking
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
オフ会    Comment(6)  TrackBack(0)   Top↑
2008.10.10 Fri
<追記>
定員になりましたので、締め切ります。
本当に1日で〆切になってしまい、申し訳ないです。
参加希望の方たちには、後日詳細をメールします。
(本日2丁目に行って、詳細を決めて来ます。)



昨日オフの告知をアップしたんですが、
今見たら、28人の方から、参加希望のメールが来ていました。
定員は35人なので、もう〆切間近・・・?って1日しか経ってないんですが。

何人かの方が、
「もしも定員オーバーするようなら、どうぞ新人さんを優先にしてあげて下さい」
と書いてくれていました。(ええ話や~)
でもやっぱり参加者は、心を鬼にして、先着順!にしますので、参加希望の方は、
なるべく早めにご連絡ください。
詳しくは、下の昨日(10/9)の記事↓↓↓をご覧下さい。

FC2 同性愛 Blog Ranking
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
オフ会    Comment(7)  TrackBack(0)   Top↑
2008.10.09 Thu
6月のオフに続いて、第2回オフを開催します!


 日時:11月15日(土) 5:30~予定
 場所:新宿2丁目・某店 (貸切)
 金額:4千円 (お食事+飲み放題)
 定員:35名
 〆切:10月末日(定員に達し次第、〆切らせていただきます)

前のサイトのときから、ずっと渋谷でオフをしていたけど、今回はちょっと趣向を変えて、2丁目で行います。2丁目は生まれて初めて!という方も、2丁目は私の庭よーっ!という方も、welcome!!!
参加希望の方は、こちらより、送信してください。(※は必須です)
ご質問なども、上のメールフォームよりお願いします。
二次会をどうするか、など、詳細はこれから決めます。

参加条件は特に設けませんが、
・お初の方(ロムラーの方)は、自己紹介やブログの感想など、なるべく詳しく書いて
 送信して下さい。
・彼女さんやお友達と一緒に参加される場合、その同伴の方のHNとメールアドレスも
 書いて下さい。(「自己紹介・その他」の欄に)


前回は、10代~50代まで、幅広い層のオフになった。
今回も、いろいろな年代の方が参加してくださると、嬉しい。
普段私がメールをいただくのは、同年代と、なぜか20代の方が多い。もしかして、母親のように思われているのかなあ?まあ見た目は、全然母のイメージではないけど。
そんな風に、想像と実際とのギャップを楽しめるのも、オフならでは。
チャットもあるので、参加希望の方はぜひチャットに来て、オフ前にお友達や知り合いをたくさんつくっておくと、より楽しめると思う。

オフの後、11月末で、このブログが開設1周年になる。
最初は、mixiのマイミクさんくらいしか来ていなかったが、今はその頃の何十倍もの人が来てくれるようになった。
なだらかに増えてきたわけではなく、時々ボン!と増え、しばらく平坦・・・またボン!と増え、平坦・・・の繰り返し。グラフを見ると、その増えるポイントははっきりしていて、コラムをアップしたとき。
じゃあコラムをどんどん書けば、人はどんどん増えるんだろうか?
・・・やだーーー!!
オタ記事がないと、私は枯れてしまう。(まあ最初っから枯れているが)
アスリート!女優!ビアン映画!金髪!・・がないと、エネルギーが補充できない。
オタこそ我が原点。(まー、オタ記事には拍手もコメントもあまりつかないが)
これからも、硬軟とりまぜた記事をアップしていきたいと思う。

では、オフでお会いしましょう。

FC2 同性愛 Blog Ranking
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
オフ会    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2008.10.02 Thu
めぐりあう時間たちめぐりあう時間たち
(2005/11/25)
ニコール・キッドマンジュリアン・ムーア

商品詳細を見る

5年前、公開当時から気になっていたけど、見ていなかった、この作品。
先週借りて見たが、見終わったその日は眠れなくなったほど、衝撃を受けた。
今まで見た映画のベスト3に入ると思った。

内容は、上の「商品詳細を見る」にある通りだけど、もう少しわかりやすく書くと、
1923年のロンドン郊外、『ダロウェイ夫人』をしたためる、作家ヴァージニア・ウルフ。
1951年のロサンゼルス、『ダロウェイ夫人』を愛読する、主婦ローラ。
2001年のニューヨーク、『ダロウェイ夫人』とあだ名される、クラリッサ。
この別々の時代、別々の場所に生きた3人の女性の一日を描き、それがどこかで交差する・・・という作品。

主演の3人も、脇役も皆良かったが、1番印象的だったのは、主婦ローラを演じたジュリアン・ムーア。

2003_the_hours_005.jpg

2003_the_hours_006.jpg

2003_the_hours_008.jpg

優しい夫と可愛い子供。当時としてはかなり裕福と思われる暮らし。そしておなかの中にはもうひとりの子供。幸せそのもの生活。
でも、彼女は限りなく絶望している。崩壊寸前のローラ。いつも薄く笑っているけど、泣いているようにしか見えないローラ。唯一、生の感情が見えたのは、思いを寄せる近所の女友達が訪ねて来たときだけ。でもその友人も・・・。

このローラを見たとき、あー、昔の私だ、と思った。
とびきり幸せで、同時にとびきり不幸せで、でも自分が不幸だなんて思ってはいけない、口にしてもいけない、と思っていた。
私はローラのように死にたいとは思わなかったし、子供も可愛かった。でもそれは、私がローラほど絶望していなかったからだ。ローラの絶望を、「子供を愛せない母親の絶望では?」と書いている人がいたが、逆だと思う。彼女の絶望があまりに深く、崖っぷちに立って谷底を見下ろしている状態だったから、子供を愛する余裕が生まれなかったんだと思う。
ローラの時代に「lesbianとして生きていく」という選択など、ないに等しかっただろう。
もしも私がローラの時代に生まれていたら、同じようになっていたかもしれない。
胸の奥深く、女性への想いを秘めながら、崩壊寸前に。

2003_the_hours_007a.jpg

これは少しネタバレになってしまうけど、ローラはやがて子供も夫も、全てを捨てて、家を出て行く。その後、老いたローラが口にしたセリフが忘れられない。
「後悔していると言えたらどんなにいいか。他に方法がなかった。重荷を一生背負っていく」
「あの暮らしは死そのものだった。私は、死より生を選んだ。」

すっかり忘れていたけど、私も同じように思って、泣いた日があった、と思い出した。
まだ子供が小さかった頃、ふと、「このまま、私は妻として母として、一生を終えていくのか」と考えたとき、「この先、女性と愛し愛されることなく生きていくなら、それは私にとって、生きながら死んでいくようなものだ。・・・いやだ、私は、生きながら死にたくない。私は、女性と生きたい。」と突然思いがあふれて、涙が止まらなかった。
あのとき、私はいつか必ず離婚する、と心に決めた。ローラがやがて家を出て行く、と決めたように。今、後悔はしていないが、背負っていくべき重荷があるのは、私もローラと同じだ。

ローラが今も生きているなら90歳くらいだろう。
日本とアメリカのLGBT事情は、20~30年くらい開きがあると思っているので、日本で言えば60代、70代の方たちと同じだろう。
いつも思うことだけど、もうすぐ48になる私は、ぎりぎり間に合った世代だ。何がって、ネットを通じて、沢山の友人や恋人やコミュニティと出会えた世代。ネットでも2丁目でもイベントでもオフ会でも、何処に行っても出会うのは、せいぜい50代前半まで。それ以上の方と出会うことは、プレヴィンテージの私でさえ、滅多にない。

60代の方たちの集まりがあると1度聞いたことがあるが、そこに来る方たちは、皆結婚してお孫さんもいる方たちだという。でもそこに来られるのは、非常に恵まれた方たちだろう。その年代以上なら、ビアンの自覚があっても100%近く結婚して、離婚もままならず、仲間にも出会わず、胸の奥深く女性への思いを秘めたまま、生きてこられたんじゃないかと思う。その方たちの人生を考えると、胸が痛い。私も10年早く生まれていたら、人生が変わっていたと思う。

今NHKでも盛んにLGBTを取り上げている。でも、若い人中心。若い人には未来を変えていく力があるから、取り上げるのは当然としても、その若い人たちと同じ割合で、本当はどの年代にもLGBTが存在する。ただ、顕在化していないだけ。
ローラを見ていたら、かつての自分を思い出すと同時に、私より上の年代の方たちに思いをはせた。その年代に沢山いたはずのローラ・・・家を出ることなく生きてきた、ローラを思った。

私にとってローラのインパクトが強すぎたが、二コール・キッドマンもメリル・ストリープも素晴らしかった。こちらのふたりに感銘を受けたという方も多いと思う。
私は、二コール・キッドマンを、初めて好きだと思えた。
ローラで力尽きたので、画像だけ張っておく。

2003_the_hours_018.jpg
             Nicole Kidman(Virginia Woolf)

2003_the_hours_024.jpg

2003_the_hours_003.jpg
             Meryl Streep (Clarissa)

2003_the_hours_026.jpg

FC2 同性愛 Blog Ranking
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。