ビアン通信 2009年01月
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.29 Thu
下の記事でお知らせした、L映画鑑賞会(&お食事会)に参加希望の方は、
本日1/29(木)中に、こちらまでご連絡ください。
現在、参加者8名。あまり人数が増えるようなら、途中で締め切るかもしれませんので(食事のお店の関係)、なるべく早めにご連絡下さい。

つーーか、平日の夜なので、誰も言ってこないかと思っていたので、嬉しいです。
連絡下さった方、ありがとうございます!
ちょっとしたミニオフみたいな感じで、楽しみです。
みんなでバウンド(&トークショー)に萌えよ~!
(当日、仕事の関係で、ちょっと遅れるかも・・・という方、事前におっしゃっていただいていれば、大丈夫です)

FC2 同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
オフ会    Comment(3)  TrackBack(0)   Top↑
2009.01.22 Thu
バウンド [DVD]バウンド [DVD]
(2009/01/28)
ジェニファー・ティリー
ジーナ・ガーション

商品詳細を見る

ビアン映画好きの方なら、きっと見たことがあると思う、「バウンド」。
97年に公開、私もレンタルで見たが、今月末、新たにBlu-ray&DVDで発売されるのを記念して、1/30(金)の夜、新宿3丁目・シネマート新宿で上映会&トークショーが。
私も行こうと思っているので、どなたか一緒に行きませんか!?

詳細はこちら。

上の詳細にある通り、上映は「バウンド」だけではなく、「Lの世界・シーズン4」「Tattoo・刺青」「マルホランド・ドライブ」の4本立て!全て見ると、朝の6時頃・・・なんて私には不可能なので(よれよれ)、トークショー&「バウンド」を見たら、帰ります。(終わるのは12時ちょっと前)
会場は2丁目からもすぐなので、7時頃から2丁目でご飯を食べて、9時すぎに移動すれば充分かと。ひとりでも行きますが、もし一緒に行ってもいいよという方がいらっしゃったら、こちらのメールフォームか私の携帯までご連絡を。

バウンド上映前、PM9:40~のトークショーも楽しみ!「王様のブランチ」のLilicoさんとTokyo Wrestlingのカイザー雪さん。女らしいLilicoさんと男らしーYukiちゃんの顔合わせが楽しみ!・・・えっ、逆だろう!?って??
たしかに、Lilicoさんを初めてテレビで見たとき、「ゲイ・・・?オネエの方??」と思ったし、Yukiちゃんはフェミニンな美人。でも、Lilicoさんは意外と中身は女らしー感じがするし、Yukiちゃんは、「一見フェムにフェムはなし」とことわざにもある通り(ないって)、中身は、かーーなーり男前な印象を受ける。

楽しいトークショーの後、いよいよバウンド上映だが、もう10年前に見た作品なので、細かい内容は覚えていない。とにかくSEXシーンが良かった!!!というのと、すごく爽快感のある映画だった、という印象がある。

bound2a.jpg

つーーか、sexシーンは鮮明に覚えている。水道修理(だっけ?)から上↑のいちゃいちゃに至るシーンや、後半のベッドシーンなど、よーく覚えている。きっとそういうシーンだけ、繰り返し繰り返し見ていたからだろう。(ああ、私にも、そんな元気な時代が!)

sexシーンの何が良かったって、ダイクなコーキー(写真左)がお色気むんむんのヴァイオレットに、やられちゃうところ。いや、やられちゃう、じゃあんまりか。ひっくり返されるというのか、ひーひーはぁはぁ言わされるというのか、まあとにかく、ダイクなコーキーの喘ぐ姿が最高だった。どちらがリードするでもされるでもなく、というのが非常にリアルな感じで良かった。

ノンケ男性(ウォシャウスキー兄弟)が作った映画なのに、なんでこんなにリアルなのかと思ったら、レズビアンであり、作家であり、sexエキスパート?でもあるスージー・ブライトがsexシーンの指導をしたから。彼女の名前はなじみがないと思うが、1984年、アメリカで最初に作られたレズビアン・ポルノ雑誌「On Our Backs」の初期の編集長。

   backs2.jpg

この雑誌は2年前に廃刊になったが、「レズビアンのレズビアンによるレズビアンのためのポルノ雑誌」だそうで、80年代半ばにこうした雑誌が作られ、翌年にはビデオも制作し始め、それが22年間も続いたとは驚き。
私はこの雑誌やスージー・ブライトの存在を、「Lesbian Sex & Sexuality」というDVDを見て、知った。

Lesbian Sex & Sexuality (2pc) (Full Amar) [DVD] [Import]Lesbian Sex & Sexuality (2pc) (Full Amar) [DVD] [Import]
(2007/08/14)


商品詳細を見る

これはAVではなく、様々なアメリカの「レズビアンによるレズビアンのための」eroticビジネスを紹介した作品で、特にこうした歴史的な話が面白かった。
見ていて1番びっくりしたのは、この人・・・誰だかわかる方、いるかなあ?

nina1.jpg

どこかで見たことがある・・・と思ったら!!!

cap491.jpg

往年のポルノの大スター、ニナ・ハートレー!!だった。

cap484.jpg
                右、若かりし頃のニナ

年取ってすごく老けた、ということもあるけど(でもまだ49)、若い頃の超エロい雰囲気とは打って変って、知的でいい感じになっていて、驚いた。
この人に出会ったのは、20年ほど前。日本で初めてCATVが出来て、すぐに加入し、スターチャンネルにも加入した。深夜帯はエロエロな映画ばかりで、嬉しくて、2~3ヶ月、毎晩のように見た。が、すぐに飽きてしまった。その中で、これはもしかして・・・?とゲイダーが作動したのが、ニナだった。当時はネットもなく調べようもなかったが、こんなところで再会するとは!!(ニナはバイセクシュアル)
今も、棚の奥を探せば、ニナのビデオがどこかにあるはず。

んん・・・なんの話だったかしら?
バウンドからだいぶ飛んでしまったが、こんな感じで、ビアン映画や女優にまつわるあれこれを、誰かと話すのは楽しい。寒さもぶっ飛ばせ!・・というわけで、お時間ある方、L映画好きな方、1/30(金)は新宿3丁目へ。そしてさらに時間のある方、心優しい方は、私までご連絡を!

最後に、コーキー役のジーナ・ガーションの大ファンで、アメリカまで行って本人に会って来た!という方のサイトを見つけた。これがもう、最高に可笑しいので、こちらもお時間のあるとき、ぜひゆっくり見てほしい。こちら。

FC2 同性愛 Blog Ranking bound2_20090122010359.jpg
2009.01.14 Wed
20090112 709

       20090112 779

20090112 1147a

       20090112 1063

20090112 715

行って来ました、1/12(月)、ゆうゆのバースデイ・ライブ。
「祭り」がテーマということで、ショーさんはじめ、和太鼓の皆さんが途中で出演したり、客席には仮装で来られた方の姿もちらほら。てか、隣に「羊さん」姿の友人A(仮名)がいた。
「あ~、最近は、こういう服の趣味になったのか・・・」と、"触れちゃいけない"と思い、スルーしていた。が、「仮装してきた人にはプレゼントあり」という企画に乗っかって、羊さんで来たとわかり、ホッとした。そして友人は、見事仮装大賞(?)をゲットしていた。

ゆうゆは最近、見るたびに若返っている。
マドンナに行けば会えるけど、やっぱりステージに立って歌っているときが、1番輝いている。これからもずーっと歌い続けて欲しい・・・写真を撮りながら、しみじみそう思った。

んがっっ!
今回は、共演のマイラ・ケイさんが、ふたりの若いセクシー美女を引き連れて(ケイさん含めた3人で、「Nasty Girls」というユニットだそう)登場、このときばかりは一瞬ゆうゆのことも忘れ、目が釘付けだった。特に、向かって右側の「Sattin」に萌え~~。一緒に行った友人Wも同じだったようで、Sattinを見てウハウハ(どぎまぎ?)の眼になっていた。

           20090112 983
                      色っぽいSattin

  20090112 970a
        うちのブログらしからぬ雰囲気・・・

新年早々からゆうゆのライブを見て、本当にパワーをもらった。
今年もぜひ、第2弾、第3弾ライブを見せてほしい!!

20090112 1000
            左、マイラ・ケイさん

20090112 1088a

FC2 同性愛 Blog Ranking
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
Music    Comment(21)  TrackBack(0)   Top↑
2009.01.03 Sat
あけましておめでとうございます!

12月は忙しさにかまけてちっとも更新が出来なかった。
今年はもうちょっと、まめに更新したいと思っている。

■The L Word Season 6 (注:基本、ネタバレです!)
さて、今月18日からThe L Wordのシーズン6が始まる。私はシーズン6の第1話分を、もうYouTubeで全部見た。私が見たものはすぐに削除されたが、他にもその第1話をYouTubeで見つけた。「今週のYouTube」(右サイドバー⇒)に、実は2~3日前からアップしている。パート1~6の6分割。興味のある方は、ぜひどうぞ。(すぐに削除されるので、お早めに。)

Showtime(L Wordの公式サイト)にも出ているので、書いてもいいかな。
シーズン6は、ジェニーの死から始まる。プールサイドから運び出されるジェニーの姿。一体彼女に何が起こったのか?それを回想する形で、シーズン5のラストシーンに映像がとぶ。
しかし、「Who killed Jenny?」・・・投票してね。なんて、いかにもアメリカ的と言うのかなんと言うのか。日本じゃちょっと考えられない。既にこれだけ濃密な人間関係がドラマの中で確立していて、視聴者もそれに対して思い入れがたっぷりある。主演のひとりが亡くなっただけでもファンはショックなはずなのに、制作側はそれに対して、なんともあっけらかんとしている。
もちろん、ジェニーの自殺や事故という可能性もある。アデル?と書いている人も多くて、ちょっと笑った。Nikiに投票している人が圧倒的に多いのは、彼女はまだファンにとって仲間じゃない、ファミリーじゃないからだろう。

そしてこのシーズン6、ワタシ的にはディランの復活が嬉しい。
ディラン(アレキサンドラ・へディソン)とヘレナのsexシーンもYouTUbeにアップされていた。これがもう!濃い、濃い。お年玉企画(?)として下↓に張っておく。
しかしこのディラン、元々ストレートって設定だけど、ありえないーーー!!
こんな手馴れたストレートが、いるだろうか?
もう20年くらい女一筋のアレックスなので(1度も男性と付き合ったことはないそう)、
ついついつい、普段の手順で指が、いや気持ちが動いてしまうんだろう。(アレックスに興味がある方は、こちらもぜひ)



途中でヘレナが泣き出し、「What's wrong?」 「I'm scared...」のやり取りが切ない。
なんだか前途多難な雰囲気も。

皆様、今年もよろしく~~~!!!

FC2 同性愛 Blog Ranking
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
The L Word    Comment(15)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。