ビアン通信 2010年02月
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.24 Wed
johnny5a.jpg
      右は、コーチのガリーナ・ズミエフスカヤさん。圧巻。 I love Galina!

          johnny6a.jpg

■署名
華麗な演技と美貌とお茶目なキャラで、日本人の心を鷲掴みにしたジョニ子ことJohnny Weirくん。
ネット上で、「Johnny Weirのエキシビション参加を求める署名」が行われている。
(参加は本来は5位まで。ジョニ子さんは6位)
署名を集めてもムリでしょう、と思っていたけど、トリノのとき、4位までが出場可能だったのに、5位の村主選手が特別に参加が許された、という話を聞いて、俄然希望がわいてきた。(なぜ村主選手が出場可能になったのかはよく知らない。署名のせいか、他に理由があったのか。)
私も昨日の朝、署名をした。そのときは千数百人だったけど、今見たら、もう少しで4000人!
日本のTwitter上で盛んに署名が呼びかけられているので、日本人がすごく多い。
でもツイッターをやってない人も多いので、私はこちらに書くことにした。

こちら。

名前と住所(適当でOK)、mailアドレス(非表示。私は普段使ってないものにした)は必須。
コメントは書かないでもOKだけど、出来ればなんでもいいから書いた方がベターかな。
私は、ジョニーの点数は不当に低すぎたんじゃないか、彼こそエキシビションに参加するのにふさわしい、みたいなことを書いた。でもひとつひとつは読まないだろうし、何か書きさえすればいいと思う。

<追記>
今朝ジョニ子さんのTwitterを見たら、今日間もなく帰国とのこと。
エキシビはダメだったか。残念だなー。

          johnny4.jpg

■海外にて
アメリカでは、やっぱりポイントが不当に低い(soooo gayだから?)、金銀は無理としても3位には入ってたんじゃないか、という意見が多い。
私が見た記事(こちら)の中では、カムアウトしているフィギュアスケーターのSkip Mackallさんという人が意見を述べていて、専門家の目から見ると、やはり少し足りないところはあるらしい。(トリプルルーツの蹴りや角度、音楽との調和など)
それでも、6位じゃなく4位が妥当な線だろう、とのこと。

かと思うと、カナダのスポーツチャンネルや、オーストラリアのテレビ局で、ジョニ子さんをめぐるhomophobic発言があったということで、ケベックのLGBT団体が抗議したり、オーストラリアのそのコメンテーターに抗議殺到したりしたそうだ。
カナダのコメンテーターは、「フィギュアをやっている男の子たちは皆、Johnnyを悪いお手本として、将来彼みたいになろう、と思う」とか「Johnnyはジェンダーテストをした方がいい」などと言っていた。

■フィギュアって
本当は隠しておこうと思っていたけど、Twitterに書いたら、ビアン系だけでなくあちこちにRT(リツイート。引用)されたので、こちらにも載せておく。

  皆さーーん、フィギュアはカムアウトしているゲイのアスリートが1番多いスポーツなんですよ!
  ここに、Out Athlete(現・元)のリストがあって、90人中8人がフィギュア!
  ゲイ+ビアンで1番は、11人のテニス。

ゲイの楽園のようなフィギュア界だけど、みんながゲイだと言っている訳ではない。
ジョニ子さん自身、こちらで、
「フィギュア界には、ストレートの選手がたくさんいる」
と言っている。
でもこの発言自体、一般のスポーツとは逆の発想で、面白いなあと思う。

■ジョニ子さん&best friend
彼自身は、カムアウトしているわけではない。まあ動くカムアウトといえるかもしれないけど。
オリンピック前に放映された「世界まる見え」で、「親友の男性と一緒に暮らしている」と紹介され、その「親友」とべったべたしていたと聞き、2ショットの画像やビデオがないかと探してみた。
そうして見つけた。「親友」Paris Childersくんとの映像を。
下のページの中ほどのビデオを見てほしい。(1分35秒)

こちら。

ジョニ子さんはパリスくんを、長年の親友と言い、2人の関係を、"an old married couple without the sex"のようだと言っている。
(そうなのよね、長年付き合ってると、だんだんセックスレスになっていくのよね~~。)
と、ひとり頷いた私だった。
他にも、YouTubeで「johnny weir best friend」と入れて検索すると、2ショット映像がたくさん出てくる。
隣にいるジョニ子さんが男らしく見えるくらい、話し方もしぐさもドオネエなパリスくん。
ビアンに、ダナダナカップル(ダンナ&ダンナ。男らしい&男らしい)がいるように、ゲイ(っていうかTG?)の世界にもオネオネカップルが結構いるんだろうか。

28日9:30~始まるエキシビション。
ぜひそのときに、レディ・ガガのPoker Faceの曲に乗っておどるジョニ子さんを見たいと思う。



ジョニ子さん署名と共に、ぜひこちらにも、愛の1クリックを!!
    ↓        ↓        ↓  
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100222114158.jpg

スポンサーサイト
2010.02.22 Mon
wust3a.jpg

wust2.jpeg

先日ご紹介したOutアスリート、オランダのIreen Wust(イレイン・ブスト)が、1500mで金メダル!!!
前回トリノの銅メダルに続く、快挙!!
3000mでは7位(トリノでは金)、1000mでは8位と振るわなかったので、これがメダルの最後のチャンスだった。最後の最後に、金メダルをゲットした。

競技の前後に何度かアップで映った女性がいた。
金メダルが確定した時も、観客席に向かったブストが、両親よりも先に抱き合ったのがこの女性だった。
これは絶対彼女だろうと思って調べてみたら、ピンポン!!("ireen wust girlfriend"で検索すれば、だだーっと出てくる)
そして、この彼女もオリンピック選手で、今回バンクーバーに参加していた。
オランダのショートトラック選手、Sanne van Kerkhof、22歳。

        sanne2a.jpg

sanne3a.jpg

とても可愛い選手だ。
今回は3000mリレーへの参加だけど、13日に行われたセミファイナルには出ていない。
25日(木)11:26(日本時間)から、5位~8位決定戦が行われ、それにオランダも日本も出場する。
彼女はもしかしたら補欠なのかもしれないけど、出るかもしれないし、ブストも絶対応援に来ているだろうから、チェックしたい。

日本の小平奈緒選手も、1500mで5位!!惜しかったな~。
でも私は、3位に入ったチェコのサブリコバも好きな選手なので、それは嬉しかった。
サブリコバは3000mの金に続く銅メダル。
金メダル・ブストの1500mは今晩放映予定なので、皆さんもチェックしてみて下さい!



また情報が入ったら、アップします。こちらにも、応援よろしくお願いします!!
    ↓        ↓        ↓  
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100222114158.jpg

2010.02.17 Wed
こうちゃんに初めて会ったのは、ちょうど1年前だった。
バウンドを一緒に見に行きませんか?
とここで呼びかけたとき、何人かの人が連絡をくれ、その中のひとりだった。

届いたメールには、
「日本人じゃないけど、いいですか?院に通う留学生です。」
とあった。
「もちろん、喜んで!」
と返事を書いた。
「日本人じゃない・・」のくだりを読むまで、そうとは全く気がつかなかったので、驚いた。
なんて日本語が堪能なんだろうと思った。
アジアのどこかの国の人、としか、そのときはわからなかった。

バウンドを見る前に、みんなでcocoloでご飯を食べましょう、ということになった。
「今cocoloの前にいます。」とこうちゃんから携帯に連絡が入った。
店の外に出ると、すらっとした女性が立っていた。一目見て、
「うわっ、なんて賢そう・・・」
と思った。
澄んだ瞳に知性が溢れていて、「凛とした」という言葉がぴったりの爽やかな人だった。

こうちゃんは、台湾の人だった。
台湾のビアン事情をいろいろ聞きたい!と思ったけど、時間がなくて少ししか聞けなかったのが、
残念だった。

その後、こうちゃんと会うことはなかったが、先月私が携帯を変えたので、どうしているかなあと思い、
連絡を取った。
そのすぐ後に、こうちゃんはmixiを始め、私のマイミクになった。
日記を読んで、またびっくりした。
なんでもない日常を書いているのに、独特の世界があった。
時々添付してある写真も、日記にぴったりだった。
個人の資質なのか、異国の人だからか・・・多分その両方だと思う。すごく新鮮なものに触れた気がした。
こうちゃんにはじめて会ったときの印象そのままの日記だった。
日記は全体公開に設定されていたが、mixiだと読む人はごく少人数に限られてしまう。
せっかくなのにもったいないと思い、ブログを書くことを勧めた。

素直なこうちゃんは、すぐに作り始めた。
そのブログが完成したので、紹介したい。

こちら。

日常のこと、写真、台湾の映画、音楽、そしてLGBT事情。たくさん書いてほしい。
私の知り合いのアメリカ人女性の恋人が、台湾の人だった。その知り合いを通じて、台湾のビアンの
人たちのことを少し知るようになり、不思議に思ったことなどがある。
こうちゃんのブログの方で、またいつか聞いてみよう。

<追記> 
 最近少しリンクを増やしたので、そちらも皆さんよかったら、チェックしてみてください!
 リンク先のブログは、いずれも素敵なブログばかりです。



ガンバレニッポン!&東欧。こちらにも、応援よろしくお願いします!
    ↓        ↓        ↓  
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100113011410.jpg 
   
2010.02.13 Sat
Wust8a.jpg

Wust0.jpg

  Wust7.jpg

         Wust5.jpg

上の写真、オランダのIreen Wüst(イレイン・ブスト)、23歳。
前回のトリノオリンピックでは、弱冠19歳にして、スピードスケート3000メートル金、1500で銅。
冬のオリンピックの金メダリストとしては、オランダで最年少の記録。
今回のバンクーバーでも、金メダル最有力候補。
そして、昨年11月、オランダの雑誌でカムアウトした。

他にも、今回のオリンピックに出場するOut Athleteとして、クロスカントリーのVibeke Skofterud(ノルウェー、29)、アイスホッケーのSarah Vaillancourt(カナダ、24)、同じくアイスホッケーのErika Holst(スウェーデン、30)などが、こちらで紹介されている。

  vibeke2a.jpg
              クロスカントリー、Vibeke Skofterud(ノルウェー)

ビベケは、オリンピックでまだメダルは取っていないが、世界選手権で金・銀・銅とひとつずつ。
こちらがオフィシャルサイトで、トップに写っているのが彼女か。

       sarah1.jpg
              ホッケー、Sarah Vaillancourt(カナダ)

サラは、ハーバード大(昨年卒業)のチームでフォワードとして活躍、1年のときからカムアウトしていた。
トリノではカナダ代表チームに2番目の若さで参加、金メダルを取った。

       Holst1.jpg
               Erika Holst(スウェーデン)

エリカ・ホルスト、彼女だけ、Out Athleteとして知っていた。
エリカは、ソルトレイク、トリノとスウェーデン代表メンバーとして参加し、それぞれ銅、銀を取った。
2006年に、もうひとりの代表メンバーとともにカムアウトした。(その選手は今回、出場しない)

しかし、オランダ、ノルウェー、カナダ、スウェーデンと、見事に「同性婚」が法的に認められた国の選手ばかりだなあ。そして、カムアウトできるだけの実績を持った選手たちばかりだ。
セクシュアリティは選手のプライベートな部分だから、あえて公的にカムアウトする必要もないし、カムアウトしてもデメリットこそあれ、メリットはほとんどないかもしれない。それでもこうしてカムアウトした選手たちの存在や活躍は、私たちになにか夢や希望や勇気を与えてくれるし、頑張ってほしいなあ、と思う。

上記の選手たちの日程を、下に書いておく。
日時は全て日本時間。放映予定がわかっているものは( )内に。(随時わかれば追加します)
NHKライブストリーミングというのは、こちらで見れる。これは、日本国内で生放送されない競技を中心に配信され、無料。(国外からは見れない)

■Ireen Wüst(スピードスケート)
 2月15日(月)6:00~ 3000m(NHK総合、6:30-7:55)
 2月19日(金)6:00~ 1000m(NHK総合、6:00-7:30/ 録画 13:05-15:00)
 2月22日(月)8:00~ 1500m(NHK総合、8:35-11:54)

■Vibeke Skofterud(クロスカントリー)
 2月28日(日)4:45~ 30km(NHK BS1)
   ※クロスカントリーは細かく種目が分かれていて、どれに出場するのかがよくわからないが、
    恐らくこれには出ると思う。

■Sarah Vaillancourt(アイスホッケー)
 2月15日(月)0:20-2:40 カナダvsスロバキア(BS1)
 2月16日(火)7:30-10:00 カナダvsスイス(NHKライブストリーミング)
       録画が、16:10-18:00(BS1)

■Erika Holst(アイスホッケー)
 2月14日(日)5:00-7:30 スウェーデンvsスイス(ライブストリーミング)
 2月16日(火)12:00-14:30 スウェーデンvsスロバキア(ライブストリーミング)

以上は、アイスホッケーの予選リーグ。
カナダもスウェーデンも、決勝リーグまで行くはずなので、以下も張りつけ。

■アイスホッケー・決勝リーグ
 2月23日(火)5:00-7:30 準決勝(ライブストリーミング)
 2月23日(火)10:00-12:30 準決勝(ライブストリーミング)
 2月26日(金)4:00-6:30 3位決定戦(ライブストリーミング)
 2月26日(金)8:30- 決勝(BS1)

ふうーー、調べるの、大変だったーーーー。
今回の記事を書くのに、何時間もかかってしまった。(あほ)
でも、私以外に見る人、いるのかしら?
クロスカントリーとかアイスホッケーとか、私でも今まで、まともに見たことがない。
スピードスケートは、NHKでしっかり放映してくれそうだし、1番見やすいかなと思う。(時間がびみょ~だけど)
よかったら、皆さんもチェックしてみて下さい。一緒に応援しましょう!

励みになるので、こちらにも、応援よろしくお願いします!
    ↓       ↓       ↓  
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100222114158.jpg
       
2010.02.12 Fri
■Twitter
こちらはまだ始めて10日あまりなので、勝手がわからないことが多いが、少しずつ慣れてきた。
mixiにははまらなかった私が、Twitterを面白い!と感じているのは、140字という制限があることと、フォローするのもされるのも誰の許可も必要なく好きに出来るからだと思う。あと、mixiのような足跡が残らないのも気軽でいい。

最初、他の人たちはどんなことを書いているのだろうと思って、いろいろ見てみた。
「今起きた」「食べた」「寝る」の人もいれば、社会問題をずっと論じている人もいれば、何かの情報のみアップしている人、有名人へのレスが中心の人・・・など、千差万別だった。

中でも印象的だったのが、ひとりの選手へのレスで埋め尽くされていた人。
あるアスリートのフォロワーに、どんな人たちがいるのかな?とリストを眺めていたら、ん?この人・・?と目が止まった。(gaydar点滅)
その人のアイコン写真は、「ドイツのアンジェラ・アキ」という風貌で、結構綺麗な人(20代後半)だったが、クリックすると、ページの上から下までその選手への応援レス・・もとい愛のメッセージで埋め尽くされていた。次のページ、その次のページ、とクリックしても、全てその選手への愛のメッセージだった。

   こ、怖すぎる!!

暑苦しいまでに愛が充満したページだったが、(やっぱりビアンだったのね)というちょっとした満足感も味わった。
Twitterは、gayダーの鍛錬にも最適な場だ。外人はほぼ自分の顔写真をアイコンに使っているので、ざっと眺めて、ん?と思ったら、クリックしてみる。その人がフォローしているメンバーを見れば、どちらなのかほぼ予想がつく。オープンにしている人なら、メンバー及び書いている内容で、一目瞭然だ。
こうやって、Twitterでゲイダーを鍛えているのは、きっと私だけではない・・・はず?

L Wordの人たちもたくさんTwitterをやっているが、見ていると、Lの役のキャラとかぶる部分が多い。
チャイケンは、本人のキャラクターに合わせて、登場人物を作っていったのかもしれない。
ローレル・ホロマンは、絵を描いてオークションに出して、その売上げをMWCT(マサイ自然保護基金)に寄付する活動を熱心にやっている。ローレルの絵はこちら。 パムやレイチェルも少し参加している。

    laurel1.jpg
           今はチャリティに夢中よ

マーリー・マトリンは、フォロワー(一般人)に「アンタの書くtweetはくどくて長ったらしい」と書かれて、怒って大人気ないやり取りをしている。

  I am redundant? I am redundant? I am redundant? I am redundant? Do you all think I' am redundant?
  (I'm a brat, I know..heheh)

あげく、相手に「あ、DM(人に見られない直接のメッセージ)を送ってこないでね」と言われ、最後は

  GOOOOOOOOOOOD NIIIIIIIIIIGHT!

と。子供っぽくて可愛いと言えなくもないが、ジョディそっくりだなあと思った。

        Marlee1.jpg
              まんまジョディ

ローレルのページはこちら。マトリンのページはこちら

こうした有名人ウォッチは楽しいが、見るだけなら登録しないでもいいので、やっぱり登録したからには、からんでなんぼかなあと思う。でも、私の場合はathleteへの個人的なメッセージをビアンの皆様に見られるのが恥ずかしいので、やっぱりアカウントを分けようかと考えている。が、そんな面倒くさいことが、私に出来るだろうか?

Twitterを始めてみて、Twitterにはまだまだいろいろな可能性があると思った。
よく、「ネットは全世界とつながっている」というけれど、実際に日本人の私たちが、ネットを通じて他の国の人と接触する機会はとても少ない。自らそういう機会を積極的に作っていかない限り、なかなか他の国の人と出会ったり関わりを持つことは少ない。
でもTwitterでは、国の垣根を越えて、気軽に誰のフォローでも出来るし、誰にでもレスをつけられる。140字という制限があるおかげで、拙い簡単な英語であっても、おかしくない。
有名人にはレスもつけやすいので、それに慣れたら、一般人へとフォローを広げていっても面白いと思う。

有名人といえば・・と言っても、一般にはあまり有名ではないかもしれないが、あるカムアウトしているアスリートがいる。
北京オリンピックのときに、「同性愛者と公表の出場選手はわずか10人」の中のひとりだった選手だ。
その選手のTwitterを見ていたら、日本人のビアンの女の子(恐らく学生)が英語でレスをつけ、それに対して選手からもレスをもらっていた。その内容は、
「あなたは私のヒーローです。だってあなた(の存在)に励まされ、家族にも友人にも、自分がレズビアンであるとカムアウト出来たから。」
それに対して、
「あなたこそヒーローよ!だって自分が何者かっていうことに誇りを持っているから」
と。
このやりとりを見て、なんだかじわっときたのと同時に、この女の子は、憧れの選手からもらったこの言葉で、きっとこれからの人生、自分がlesbianであることに大きな誇りを持って生きていくだろうなあと思った。
 
こんな風に素敵なやり取りがあるかと思えば、「食う・寝る」だけでも充分OKなのが、Twitterの面白さだと思う。
私はこの前、「今からチャットをします~」と書いたら、たくさんの人(ロムさん、参加者合わせて15人くらい)が来てくれた。フォロワーの人も見てくれたと思うけど、blogに訪れた人が、左サイドバーに張りつけてあるTwitterの小窓を見て、来てくれたんだと思う。ああ、こんな使い方もあるんだなあ、と思った。

Twitteで何か面白いことが出来そうなんだけど、まだ何をしていいのかわからない。
あれこれ手探り状態だけど、まずはオリンピック!!!
期間中、私の投稿はぐっと増えそうだし、Twitterでみんなと感動やゲイダーを分かち合いたい。
選手情報なども交換できたらいいなと思っている。

オリンピック目前、燃え(萌え)ている私に愛の手を。ワンクリ、よろしくお願いします~!
    ↓       ↓       ↓  
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100222114158.jpg
        
2010.02.11 Thu
iPhoneを買って、1ヶ月が過ぎた。
使い心地をよく聞かれるので、書いてみたい。同様に、Twitterのことも少々。

■iPhone
まず、私はiPod Touchからの乗り換え組なので、Touchを使っていなかった人とは感じ方が違うかもしれない。
Touchを初めて買ったときは、本当に素晴らしい!!と感動して、「今まで買って良かった物ベスト3」に入ると思った。Touch抜きでiPhoneを買っていたら、私も今そう思っていたかもしれないが、ふたつの機能が殆んど変らないので、1週間くらいで慣れてしまって、買った当初のワクワク感もなくなった。

とは言え、iPhoneが私のお気に入り・必須アイテムであることはたしかだし、迷っているならぜひ購入を!とお勧めしたい。特にネットのヘビーユーザーには。
私は、iPhone(Touch)を買ってからは、PCを開く機会が大幅に減った。いつでもどこでも、サイトもYouTubeもpodcastの映像も、PCと全く遜色ない美しさで見られるから。Wi-Fiならページの表示も速い。

アプリも充実している。
無料と有料があって、私はほとんど無料のしか入れていないけど、facebook、Twitter、音楽、LGBT情報、乗り換え案内などなど、無料版で充分事足りる。

   weather1a.jpg  jisa1.jpg

上二つは最初から入っている天気と時計だけど、重宝している。
天気は、世界中の都市の最高・最低・現在の気温がわかる。国内でも、市ごとに設定できる。
時計も、時差が一瞬でわかる!でもなぜプラハとドバイかって?? なぜでしょう?(謎)

   gay1a.jpg  tennis1a.jpg

左は、LGBT情報のアプリ。私がネットでいつもチェックしているpinknews.co.ukとよく似ている。
右は、もう終わってしまったけど、全豪オープンのアプリ!これは本当に重宝した。ネットを開かなくても、ライブスコア、選手情報、ツイッター、ラジオ・・などなど、必要な情報が全てゲット出来た。

全豪の公式アプリがあるなら、バンクーバーオリンピックのもあるはずだと思ったら、あった!

   vonn1.jpg  vonn2.jpg
         左・ニュースページ、右・スケジュールページ

最初に位置情報を送っているので、日時は日本時間で出る。なぜか日時は表示も日本語。
左の女性は、アルペンスキーのLindsey Vonn(リンゼイ・ボン、米)という選手で、マイケル・フェルペス並みの活躍を期待されていたのに、練習中に怪我をして、最悪、出れないかもしれない・・という話。
てか、多分右足のすねが折れているのに、レントゲンを撮って骨折がわかったら、もう出れなくなってしまう!とレントゲン撮影を拒否、なんとか出ようとしている根性の人。人生最大の痛み、と言ってるのに・・・。果たして彼女の姿を本番で見ることが出来るだろうか?

あとは、外国語の辞書類がとても充実している。こちらは少し奮発して、有料のをいくつか入れている。
と言っても、ほとんど100円程度。1番高い英辞郎で千円。Touchを買ってからは、電子辞書を持ち歩くことがなくなったし、家でも使う機会が激減した。
語学類のアプリは本当に充実しているし、マイナー言語のものも初心者向けならいろいろあるので、語学オタの皆様にはぜひお薦めしたい。

アプリの話にばかりなってしまったけど、iPhoneの機能にはほぼ満足している。
ただ携帯からiPhoneに変えて、唯一不満なのは、携帯メールが打ちにくいこと。今は、速く入力できるよう、日夜特訓をしているが、それでも携帯の打ち易さにはかなわない。
そもそもiPhoneは大きいので、片手で操作が出来ない。男性の手ならわからないが、女性の手だとまずムリだと思う。私はもみじのような可愛い手なので(小学生並み)、もう全くもって、片手ではムリ。左手で持って、右手で入力している。
そのうえ、つるんとした表面なので、指で押したときについ隣の文字を押してしまったりする。焦るとさらにミスが増える。仕事中によく連絡のメールが入るが、それに対してすぐに返信しないといけないので、ミス率がアップする。携帯のときは、話をしながらでも片手でひょいひょいと打てたのに。

仕事等でメールを頻繁にする人には、携帯+Touchの組み合わせがいいんじゃないかと思う。
iPhoneに出来てTouchに出来ないことは、携帯メールと、無線LAN環境のない所でのネットくらいだから。
電話もskype経由で出来るし、カメラも次期Touchにはつくという話。
でもそれなら、ちょっと待って、iPadを買った方がいいんだろうか?いやiPadを買って満足していると、またさらにすごい新製品が出てくるような気がする。
apple製品はどこまでも進化しそうだが、iPhoneにしてもiPod Touchにしても、今買って損はないと思う。
遊べる大人のおもちゃとしては、最高だから。

Twitterのことも書こうと思っていたけど、長くなってしまったので、分けます。

わ~~、10位からも転落しそう・・・ワンクリ、よろしくお願いします!!
    ↓       ↓       ↓  
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100222114158.jpg
       
2010.02.03 Wed
「Lの世界」のジョイス役、Out女優のジェーン・リンチが、5月に同性婚か?というニュースが
数日前に流れてきた。
こちら。
お相手の写真がなかったので、探してみたら、見つかった。

lara-embry-jane-lynch.jpg
  左、お相手のDr. Lara Embry

え!?この人・・・?
私の思っていた人と違っていた。
上の記事には、「長年の恋人」と書いてあるが、そんなはずはないと思って海外のサイトをチェックしたら、やはり、去年の5月にふたりは出会っていた。
ララさんが、ex-girlfriendとの親権争いに勝って、NCRL(national center for lesbian rights)から表彰されることになって、その授賞式で、プレゼンテーターとして来ていたジェーンと出会った。

上の記事中にも、「同性間の親権も異性同士の親権と同様の権利を持つという画期的な判決」と書いてあるが、具体的にはどういった状況だったのだろう?と思って調べてみた。
ララさんは、前のパートナーとの間にふたりの子供がいる。それぞれが、ひとりずつ人工授精で子供を産み、尚かつ、自分の実子ではない方の子供を、それぞれ養子にしていた。
アメリカには「second parent adoption」という、同性カップルのための制度があって、パートナーの子供を、その1番目の親(パートナー)の権利を侵すことなく、養子にすることが出来る。その2番目の親にも、1番目の親とほぼ同等の権利が認められている。そういう形で、結婚は出来ないものの、親子関係、家族関係を法律で保障しましょう、という制度のようだ。州によって、あったりなかったりするようだけど。
Lのベットがアンジェリカをなぜ養子にするのかよくわからなかったけど、そういうことだったのか、と思った。

それで、別れたときには、ふたりの子供たちの親権をお互いが持って育てていこう、と決めたのに、ex-girlfriendが、やっぱりやだ!自分の生んだ子をそれぞれ引き取って育てよう、あんたにはうちの子は二度と会わせない!・・・と言ったかどうかは知らないけど、そう主張したので、ララが裁判に持ち込んだ。
まさにLのシーズン3(4?)でのベットとティナ。
NCRLがララさんをサポートしたことで、異性間の離婚したカップルと同様の親権をララさんが勝ち取った。
んでも、愛は冷めたとしても、1度は家族として生活していたのに、そこまでこじれるかなあ・・?というのが、正直な感想。

話を戻して、ジェーンとララさん。

     janelynch.jpg
      ゴールデングローブ賞でのJane&Lara

ふたりは昨年5月に出会って、すぐに付き合い始めたとしても、まだ8ヶ月。
でもアメリカのニュースサイトは、「5月に出会った」のに、「longtime girlfriend」と書いてあるサイトがいくつかあって、びっくり。
8ヶ月でlongtime?アメリカでは、きっと半年越えたらロングタイムなんだろう。
・・・なわけないか?

3~4年前、ジェーンについて調べていたら、「映画のプレミアの後でgirlfriendと一緒にパーティに来ていた」と書かれていた。girlfriendって誰だろう?と思って、あちこち調べたけど、わからなかった。
が、ひとつ写真を発見。
"Jane and her friend"とキャプションがついていたが、お揃いの黒のスーツ!そして、友人はトルコブルーの鮮やかなシャツを着ていて、ジェーンは同じ色のストールを肩にかけていた。
これはもうガチだなあー、と思った。
今もその画像を持っているが、その「友人」というのは、とってもキュートでとってもいい感じの人!
Janeとお似合いだなあと思っていた。

ララさんには申し訳ないが、そちらの印象が強くて、なんとなーくララさんには胡散臭さを感じる。
ジェーンは、自分でも認めているが、ドラマ「Glee」が大当たりして、ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされて、今が女優として1番のピークにいる。まあだから結婚しようと思ったのかもしれないが、私と同じ歳で、いきなり連れ子のいるララさんと結婚して、裁判で権利を勝ち取った子供も時々一緒に暮らして、まあ大変だろうなあと思う。

そんなこんなも杞憂に終わればいいんだけど。
ジェーンのマネージャーは、そもそもこの結婚の話を否定しているし、結婚自体、ないかもしれない。
今度の日曜日から、「Glee」が日本でもFoxで放映されるので、そんなこんなを考えながら、見てみよう。

   1日ワンくり、ぽちよろっ。
    ↓       ↓       ↓  
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100222114158.jpg
       
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。