ビアン通信 2010年06月
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.27 Sun
前回の更新から、2週間。
いつまでTOPにケーキ載せてるんだ!
・・と、自分でも思う。

サッカー・ワールドカップとテニス・ウィンブルドンが始まり、連日寝不足。
PCを開けるのはテニスのライブ映像を見るときくらいになっていた。
ビアン情報のチェックはすっかり怠り、セクシュアリティについて考えることもなくなり、
えーっと、あたしってストレートだっけ?としばしば考え込むほどだった。
・・・なわけない。

ウィンブルドン、昔はNHKでやっていたのに、今はWOWOWだけ。
でもネット(こちら)で、主な試合はほとんど見れる。
応援している選手たちがシングルスで次々負け、がっかり。まあダブルスで応援!と思っている。
ダブルスと言えば、こちらで何度も取り上げているレネ・スタブス&リサ・レイモンドの元カノペア。
レネの方が、WTAの公式サイトで、Wimbledon Blogを連日書いている。
面白くて楽しみに読んでいるが、そこに昨日載っていた写真がこちら↓。(左・リサ、右・レネ)

rennaelisa.jpg

あーー、いい感じ!ダブルスのパートナーだけじゃなくて、プライベートでも戻ってくれないかな。
大会中はapartmentを借りて住んでいるそうで、それを読んでいると、妄想が広がって大変。
初日、リサの友達サム(って誰よ?最初は、L友・サマンサ・ストーサーかと思ったけど違うようだ)も一緒にapartmentに着いた、と書いていた。ふたりっきりじゃないのよ、と強調したいようだったが、そのサムさんが登場したのは最初の2日間だけ。3日目からは、やっぱりリサとふたりっきりのようだ。
上の写真、レネの爪が極端に短い。私は思わず元画像を拡大して見た。
この爪がさらに妄想を呼ぶ。

rennaelisa1.jpg

現在、2人はダブルス、ミックスダブルス共に3回戦へ進出。
39歳(レネ)と36歳ペア、ぜひタイトルを取ってほしい!

ウィンブルドンで他にトピックスと言えば、一昨日、クズちゃんことクズネツォワ(Svetlana Kuznetsova)が、シングルス2回戦で負けた相手、アナスタシア・ロディオノワ(Anastasia Rodionova)との試合後の握手を拒否したことか。
私はこの試合は見ていなかったが、後からビデオでこのシーンを見た。
たしかにロディオノワの差し出した右手を無視して、主審とだけ握手をして、そのまま退場していた。

    20080917 113
          What happend?  これは2年前のクズちゃん。 Photo by koo

当然、ネットでもすぐに話題になり、特にロディオノワの国、オーストラリアではニュースとして
一斉に取り上げていた。
しかしクズちゃんは、試合の数時間後にツイッターに次のように書いていた。

  thank u very much for all the support! it was crazy yesterday,and yes once again
  I DO NOT REGRET about not shaking the hand.

おお、何があったか知らないが、こんなことを書いたら火に油を注ぐんじゃないかと心配になった。
当のロディオワの方は、握手拒否について聞かれて、
「彼女はきっと、がっかりしてたんじゃないかしら。私は全然気にしてないわ」
と。自分のツイッターにも、クズが書いた少し後に、
「thank you all!」
と余裕の一言。

これだけ読んで、なんか嫌味な感じ、と思った方、大正解。彼女は実は、悪評ふんぷんの選手だった。
曰く、エキセントリックですぐにかんしゃくを起こす、審判に理由もなく文句ばかりつける、相手選手や審判にいろいろなことを言う、ラケットは投げつける、負けそうになるとメディカルタイムアウトを取る・・・などなど。この全てをクズネツォワ戦でもやっていて、それ以外にも理由があったのだろうけど、クズが切れた。

      Anastasia_Rodionova1.jpg
           なにか? あたしが美人のロディオノワよ。

彼女は元々はロシア人で、昨年暮にオーストラリア国籍を取得した。
そして今年始めのフェドカップで、オーストラリア代表として出場し、彼女の加入によりオーストラリアはウクライナに5戦全勝した。
それでもマナーの悪さが際立っていて、評判は一向に上がらなかったという。

クズの話に戻すと、この握手拒否の翌日(昨日)、レザイと組んでダブルスの試合をした。
相手はオーストラリアのサムことサマンサ・ストーサーと、ロシアのペトロワ。
第1セットは、握手騒ぎの影響か、クズちゃん、非常にナーバスになっていて、動きも鈍く、いいところなく0-6で敗れた。第2セットは途中から少しずつ調子を取り戻し、それと共に観客席が明らかにクズ応援の雰囲気になっていって、笑顔も見られるようになった。結局4-6で負けたが、握手の瞬間はとてもいい雰囲気になった。

samkuz.jpg
    見ていたstreamingのcaptureなので画像が粗いが、左サム、右クズ。

実況のイギリス人は、
「さあ、いよいよ注目の握手の瞬間です!」
と言って、わざわざ後からスローでリプレーしたほどで、試合後、コートに一瞬緊張が走った。
でもサムとペトロワはクズたちをネット前でにこにこして待ち構えていて、特にサムはクズとがっつり握手をした後、上の画像のようにクズの背中を労うように笑顔でぽんぽんとたたいて声をかけ、和やかないい雰囲気が流れていた。
サムはオーストラリア人で、ロディオノワとフェドカップのチームメイトでもあり、みんなが注目している中でサムがこういう行動を取ったことは、とても意味のあることだったと思う。
決してクズの取った行動は誉められることではないけれど、サムの様子を見て、ああやっぱりそういうことなんだな、とみんな納得したと思う。
サム、エエ子や~。愛ちゃんが、「普段はとってもおおらかでいい人なんですよー」と誉めてただけある。
LTPの星、がんばれ~~。

20080917 110
                         Photo by koo(以下全て)

上の写真は、2年前に東レでクズが中国の李娜(Li Na)に勝ったときの写真だけど、ロディオノワはクズに勝った後、昨日この世界12位の李と対戦した。李は地味だけど、マナーもいいし、とてもいい選手。
ロディオノワは切れまくっていたが、李に完敗していた。
李は勝利後、
「今日はとてもaggressiveに行きました。なぜなら、彼女はいつも対戦相手や審判にいろいろなことを言って、相手を怒らせるからです。コーチにも、彼女に何を言われても決して耳を貸すな、と言われていたし、私は試合だけに集中しました」
と語った。これも、ある意味、クズへの援護射撃だな。

最後に、いろいろな握手写真を張っておく。いずれも去年か一昨年撮ったもの。

20080918 046
      負けて、あちゃーーという表情のぺネッタ(イタリア。世界10位)

20080918 339
   負けても大変マナーの良いイバノビッチ(セルビア。世界45位!復活はあるか?)

20090930 121
  左・パブリチェンコバ(露、32位)、右・バルトリ(仏、13位)
  このバルトリも、形勢が悪くなると必ずメディカルタイムアウトを取る。父親がコーチ兼ドクター。
  このときも、パブが圧倒していたのに、バルトリがMTOを取ってから流れが変った。むーーーっ。



まだ辛うじて10位以内に入っていた(笑) 1日ワンクリ、応援よろしくお願いします!
    ↓        ↓        ↓ 
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100113011410.jpg 
   
スポンサーサイト
2010.06.13 Sun
オフからもう1週間が過ぎてしまった!
今はすっかり日常に戻って、なんだか夢のようなひとときだったなあと思う。
今回は、総勢50名、初めての立食、お初の方が半数以上、ということで、内心かなり心配していた。

  どんな感じのオフになるのか。
  50人もいれば、今までと雰囲気が変わるかもしれない。
  ひとりふたりは、勘違い(?)の人が来るかもしれない。

全て杞憂に終わった!
もうほんとにいい方たちばかりで、いつもと変らない穏やかな雰囲気で、とっても楽しくて、
あっという間のひとときだった。
私は翌日、足がむくんでだるくて仕方なくて、あれ?どうしたんだろう?と考えて、初めて、
あ!昨夜は5~6時間立ちっ放しだった! と気がついた。
でもそのことに気がつかなかったほど、楽しくて、時間があっという間に過ぎていった。

nafuda1a.jpg nafuda2a.jpg

上の名札は、わっくんが作ってくれた。
左が表で、右がウラ。
このもみじマークの意味は、「オフもベテラン、この世界もベテラン」だそう。
他にまだ2種類あった。

nafuda4a.jpg

左は、「お助け隊」をしてくれた4人の人たち(あずき、ぽん、でりぼ、pepe)のバッジのシール。
右上は、「kooオフは初めて」の人のための初心者マーク。
右下は、「kooオフは2回目以上だけど、この世界はまだ初心者」の人のための、準もみじマーク。
「この世界は初心者」と言っても、もちろんこれはお遊び、シャレなので、特にこれといった基準はない。
時々、「あたしはベテランじゃなーーい!」と、(ベテランなのに)言い張る人もいて、可笑しかった。

私のは名札の裏に張ってあったが、他の方たちは、これらのシールから選んで、名前の横に張ってもらった。
名前だけでなく、初めてなのか常連なのかひと目でわかるので、話のきっかけにもなった。
私は、「初心者マークがあるといいね」と言っただけなのに(発案はあずき)、わっくんがここまで凝ったものを作って来てくれるとは思ってもいなかった。本当に感謝!感謝!

会は7時に始まり、みんなのおなかが落ち着いてきた頃に、自己紹介をしてもらった。
最初に名簿を配っていたので、その順番に前に出てきてもらって、マイクで話してもらった。
「前に出てマイク」だと、みんな緊張するかな?と思ったけど、全員に顔も話もよく伝わったので、
むしろ普段の自己紹介より盛り上がったと思う。
「ひゅーひゅー♪可愛いー♪」
などと突っ込んでくれるおねーさま(らっきぃー師匠)もいて、楽しかった。

全員の自己紹介が終わったところで、川柳大賞の授賞式。
大賞受賞のsheepさんは、かんさんがあげたひつじのカチューシャをつけて、登場。
あ、かんさんと言えば、お店の人と間違えられながらも(なんせ長身でびしっとダンディなスーツでキメテたから)、いろいろお手伝いしてくれて、本当にありがとう!大感謝です。

その後は、もう誰がどこにいるやら、皆さんどんどん移動してワイワイやっていた。
今回はじめての立食だったけど(椅子も40ほど設置)、大人数にはこの形式が最適だと実感した。
座る形式のオフだと、「自由に移動して下さい」と言っても、慣れた人じゃない限り、なかなか難しい。
立食は自由度が高くて、2人で話をすることも、輪になってたくさんの人と話をすることも出来る。

お店の人が、
「立食だとどうしても、壁の花になって座ったきりの人が出てくるんですよね」
と言っていたので、心配していたが、それも杞憂に終わった。
参加者の人たちが積極的に動いてくれたこともあるし、お助け隊の人にも感謝だ。
お助け隊とは、「何かわからないことがあったら、なんでも聞いて下さい」という係であり、彼女たちには
「もしもひとりでぽつんとしている人がいたら、声をかけてあげて」と頼んでいた。
が、彼女たちだけでなく、参加者自ら積極的にいろいろな人に話しかけてくれたので、ひとりぽつんとしている人もいなくて、和やかなオフになり、本当に感謝している。

そして、もうひとつ、オフを和ませるのに一役買ったと思われるのが、

      空車シール!

出払ってしまって写真がないのが残念だけど、オフの途中で、わっくんがおもむろに取り出してきた。
上の「初心者マーク」と同じようにシールになっていて、彼女のいない人、募集中の人のためのシール。
作ってはきたものの、どうしようかな?と躊躇していたようで、私も知らなかった。
が、取り出した途端、きゃ~~っと人が殺到して、あっという間に売り切れ。
15枚ほど用意してきたらしいが、実際には20人ちょっと空車の人がいたので、足りなかった。
こうした立食パーティで、
「私、彼女を募集しているんです!」
と、額に汗し、目を血走らせて言われたら、みんな、うっ!と引いてしまうと思うけど、
とても可愛いシールで、それだけで笑える感じで、空車の人たちは皆楽しそうに談笑していた。
次回は、多めに用意してもらおう(笑)

そろそろお開きの時間が近づいた、と思ったら、ケーキが登場!
ああ、この日はpataちゃんのお誕生日なので、それでかな、と思って手をたたいていたら、それプラス
私の50歳のお祝い!と言われて、びっくり!!!

 off2a.jpg

お手伝いをしてくれてたかんさんが、内緒で彼女と計画してくれたそうだ。
本当は、お誕生日は10月だけど、その頃は東レパンパシもあるし、バリボの世界選手権もあるので、
オフは無理かなあ・・・と私が言っていたので、今回用意してくれたそうだ。
なんせ私は甘味好き!
何よりの嬉しいプレゼントだった。
人数分に分けたが、食べない人もいたので、私は3個も食べた(笑)

9時半にお開きになり、その後は帰る人あり、2丁目に行く人あり。
2丁目は、老舗ビアンバーの店長ジャケコさんが来てくれていたので、私も含めて15人くらいがKバーへ。
後は、10人が某ビアンバー、数人がミックスバーへ行った。
他のバーに行った方たちからも、楽しかったー!とメールをたくさんいただいたので、盛り上がっていたんだと思う。
Kバーは、ジャケコさんが大判振る舞い、すごくサービスしてくれて、本当に感謝!感謝!
この大人数でそんなにサービスして、大丈夫?と後で心配になった。

そのジャケコさんが、後でくれたメールに、
「これだけの大人数で、ひとりもワルがいないなんて、奇跡です!」
と書いてくれていて笑ったが、私もまさに同じようなことを考えていた。
彼女も、オフの翌日、開口一番、
「昨日のオフ、50人もいて、今までと全く変らない雰囲気だったね。それってすごいよね!」
と言った。
新しく来てくれた方たちが、皆さん素敵な方たちだったこと、たくさんの人が協力してくれたこと、リピーターの方たち(準含む・もみじさん)が「新人さんウェルカム!」の気持ちで盛り上げてくれたこと、これらの要素が全て重なって、うまくいったのだと思う。

こうちゃんが、ご自身のブログの中で次のようなことを書いていた。

   昨日は本当にいい人ばっかり。
   あそこにいた皆はビアン通信を通して、友達になって、
   短い関係ではなく、長年の信頼関係を築いたコミュニティですね。

本当にその通りだなあと思った。
このブログを作ったのが2年半前。
ここで知り合った人でリピーターの人たちは、今やなくてはならない存在!今回もとてもお世話になった。
前のサイトを作ったのは9年前。そこで知り合った人たちには、本当に大きな信頼を寄せている。
サイト以前に知り合った人たちとは、他のサイトのオフ会や、私の「メル友募集」や、掲示板への私の書き込み(募集等ではなくごく一般の)がきっかけで、出会い、今に至っている。そんな小さな出会いが、こうして今に繋がっていることに、心から感謝したい。
ビアンではなく(ビアンだけど)、趣味の方で知り合った人もいて、ご縁の不思議さを感じる。

年を取れば取るほど、人と人との繋がりの大切さをしみじみ感じるようになった。
一人では、生きていけない。
彼女と二人でも、それだけでは、閉ざされた世界になってしまう。
ストレートの友達も必要だけど、彼らには話せないこともたくさんある。
同じレズビアンの友達が欲しい!
レズビアンと書いたが、バイでもなんでもいい。細かい分類は、どうでもいい。
人として、信頼出来る人と出会いたい。
ネットを始めたときから、ずっとそう思ってきた。

今回初めて参加して、気に入った方は、またオフでも他の機会でも、ぜひ足を運んで下さい。
今回参加を迷っていて、出来なかった方も。
たくさんのもみじさんたちが待っている。わからないことがあったら、もみじさんに聞いてほしい。
喜んで、手取り足取り教えてくれると思う。
こうした大きなオフは年に2回くらいしか出来ないかもしれないが、もう少しこじんまりとした集まりも
企画したいと思っている。



いろいろなご意見をいただいて、もう暫く続けてみようと思った、ランキング。
がんばるぞーー(笑) 1日ワンクリ、ご協力お願いします!
    ↓        ↓        ↓ 
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100113011410.jpg 
   
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
オフ会    Comment(25)  TrackBack(0)   Top↑
2010.06.08 Tue
オフの後、参加者の皆様からたくさんメールをいただいたのですが、まだお返事が書けていません。
月曜日から、夏に向かって仕事が突然忙しくなって、楽しかったオフが幻のように、現実に引き戻されております。明日は少し時間があるので、メールのお返事と、オフ会レポが書ける(かな?)と思います。

参加者の中でブログを持っている方たちが、オフ会レポを書いて下さっています。

こうちゃんの「IFの事」
chiriさんの「蒲公英酒場」
とどろきさんの「Lの世界:Laraララが一番☆」

とても素敵なレポばかりで、オフの様子がよくわかると思います。
あ!まりまりの「にのまち釣り部」でも、ほんの2行ほど、触れられていた!(笑)

上記全て、うちのブログとリンクしていただいています。
最近、リンク(左サイドバー)が増えてきましたが、いずれもユニークで面白いブログばかりなので、皆さん、チェックしてみて下さい!

それと、「同性愛ランキング」を外そうかどうしようか、只今思案中です。
オフで、いろいろな方に「いつもランキング押してます!」とか「拍手ボタン押してます!」とか言われて、本当に恐縮だったのですが、このランキングは「ボタンを何回押したか」だけで順位が決まるので、皆さんの負担が大きいんじゃないか、ということ。それと実際、このランキングからうちのブログに来る方は全体の3-5%くらいなので、まあ外しても特に問題はない、ということ。
ただこれを外すと、更新が滞るかな、ということと、ランキングにはゲイの方のブログが圧倒的に多いので、やっぱりビアンもここにあり!ともう少し頑張った方がいいかな、ということ。私自身も、他のビアンブログ(特にリンクしていただいているところ)のランキングボタンをせっせと押しています。

以上の理由から、まだどうしようかと迷っているところです。
いずれにしても、今見たらかなり下がっていたので、ご協力お願いします!(笑)
外すにしても、もう1度上がってから外そうと思っています。



そんなわけで、1日ワンクリ、ご協力お願いします!
    ↓        ↓        ↓ 
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100113011410.jpg 
   
2010.06.05 Sat
(追記)
昨日はオフ、ほんと~に楽しかったです!!
参加者の皆様、お手伝いして下さった皆様、ありがとうございました。
また報告はゆっくり書きますが、とりあえず、今チャットに入っているので、よかったら、
参加者の皆様も、来られなかった皆様も、来てくださいね。

(追記の追記)6/7 0:37
たくさんの皆様、チャットに来てくださって、ありがとう!
楽しかったです。初めての方も、ありがとうございました。
ロムさん、次回こそ入って来てくださいね。お待ちしています。

**********************************************

オフ!!当日になってしまいました。
まさに「なってしまった」というのが実感の1週間でした。
日曜日に、あ、風邪ひいたな、と思い、でもまだ1週間あるからオフまでにはすっかり治るだろう、
と楽観視していました。
ところがどんどんひどくなり、途中薬のアレルギーもあり、もうオフダメかも、と弱気になったり。
やっと昨日あたりから復活の兆しで、今日はまだ咳、ハナはあるものの、元気!になりました。
主催者のいないオフとか前代未聞の珍事にならなくて、良かった・・・。
この1週間、キャンセルの方やキャンセル待ちの方へのメールなどなんとかこなしていたものの、
頭がぼううううっとしていたので、何かミスがないかとちょっぴり心配です。
正直言って、今もまだかなりぼーーっとしています。

オフ中に、ツイッターが出来るかどうかはわかりませんが、その前後など、可能ならやってみます。
←こちら左サイドバーから、見るだけならどなたでも見れます。
実況中継が出来れば楽しいけど、私は参加者50人、ひとりひとりにご挨拶するだけで精一杯かも。
今回はお初の方が多いので、今、全員のメールを見直しました。
そして、名簿に秘密のメモを(笑) いや、「20代」とか「○○ファン」とか、そういったことです。
普段オフ前は、私もかなりナーバスになるのですが、今回は具合の悪さにナーバスになる暇もなく、
かえってよかったかな、と思います。

あと数時間でオフが始まる・・・!
またこちらでご報告します。



オフに来られなかった方も次回はぜひ!・・・1日ワンクリ、ご協力お願いします!!
    ↓        ↓        ↓ 
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100113011410.jpg 
          
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
オフ会    Comment(6)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。