ビアン通信 2011年05月
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.22 Sun
先日、「ランナウェイズ」を見てきた。



私がまだ高校生だった頃に一世を風靡したThe Runaways。
ガールズバンドのはしりで、悩殺衣装に身を包み、大股開きで「チェリーボム!チチチチチチチ・・・」と歌う姿は衝撃的だった。
映画を見るまで知らなかったが、ランナウェイズはアメリカではさほど成功せず、でもアメリカ以外の国で人気になり、特に最大のブレイクが日本だったそう。作品中にも日本での熱狂的なファンの様子が出てくる。
その日本に来た時の生映像がこちら。(作曲家の都倉俊一の映像が懐かしすぎ!)



当初は、篠山紀信の撮ったシェリー・カーリーの写真集が発売になったり、男性ファンを当て込んでいたと思うが、実際に熱狂したのは同世代の女の子たちだった。
とにかくかっこよかった!それにメンバーの中心、ギタリストのジョーン・ジェットがいかにもビアンビアンしていて、記事とか切り抜いて集めていた記憶がある。

映画は、そのランナウェイズが結成される前から解散の頃までを描いている。

run1.jpg
  左、シェリー役のダコタ・ファニング。 右、ジョーン役のクリステン・スチュワート。

クリステン・スチュワート、当時のジョーン・ジェットにそっくりでびっくりした。
もちろんクリステンの方が女優だからさらに美人で、シェーン!?と思う瞬間が何度もあった。
ダコタちゃんは当時のシェリーより幼い感じだけど、なにしろ可愛い。

ジョーン・ジェットはカムアウトしていると何年か前に記事で見た記憶があるので、そういうシーンがあるかなあと期待していたらやはりあった。ジョーンとシェリーのキスシーン。sexシーンもあるが、若くて清純派で売っているダコタちゃんのイメージを考えてか、幻想的で暗示的なシーンになっている。

     run2.jpg

run3a.jpg
これはダコタちゃんがツイッターにあげていた写真。(今はやっていない)クリステンと仲良さげ

この二人のフレッシュで可愛い女優を見るためだけにもお勧めしたい映画。

ジョーンはランナウェイズ解散後、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツというバンドを結成し、シングル「アイ・ラブ・ロックンロール」が全米ヒットチャート1位に輝いた。その後もヒットを飛ばし、以後30年間バンド活動を続ける傍ら、映画や舞台にも出演したり、新人を発掘してプロデューサー業でも成功をおさめたり、多方面で大活躍、ロック界のゴッドマザーとしての地位を確立している。
そんなジョーンなので音楽記事は山ほどあったが、カムアウトに関する記事は見つけられなかった。
「Out singer」とか「ジョーンはカムアウトしている」とはあちこちに書いてあるし、私も数年前に日本の記事で「カムアウトしているジョーン・ジェットが・・」と読んだ記憶があるが、いついつカムアウトしたという事実はないのだろう。

さらに調べると、面白い記事が見つかった。ランナウェイズ、全米公開前のインタビューで、
「この映画を見た人は、ジョーンはレズビアンだ、バイだ、って言うんじゃない?それは気にならない?」
と聞かれ、
「どうせみんな前から私のことそんな風に言ってたでしょ。私のこと知りたかったら、歌詞を読んで!私がどんな人間か、歌に全て書いてあるから。」

これをさらに意訳すると、
「あん?なんで伝説のロッカーのあたしが、今さらカムアウトなんかしなくちゃいけないのよ。
おめーら、歌聴け歌!」

      run6.jpg
          「歌聴けや。」 ・・これは珍しい金髪ショート姿。(アイスがうまか棒っぽい)

では・・・と、2006年に出したアルバム「Sinner」について調べてみた。これは、レズビアンやバイセクシュアルの女性、アンドロジナスなどを歌った曲が収められたアルバムだそう。
その中で「A.C.D.C」という曲の歌詞とビデオをジョーンの公式サイトで見つけた。
歌詞の一部抜粋。(ACDCはバイの隠語)

She got girls
Girls all over the world
She got men
Every now and then
But she can't make up her mind

ACDC She got some other lover as well as me
ACDC She got some other fella as well as me

要するに、バイの彼女が浮気者で、女とも男ともばんばん寝ちゃってもうまったく!
・・という歌で、ミュージックビデオの方ではそれをコミカルに演出している。



ジョーンのことばかり書いたが、映画はシェリーの自伝をもとに描かれているので、シェリーが中心。ジョーンのバックグランドは出てこない。
でも伝記には描かれていなかったジョーンとシェリーの関係が映画には出てきて、しかもスペシャル・プロデューサーがジョーンであることを考えると、GJ!

少ししんみりするところもあるけど、映画館で大音響でロックが聞けて、気分爽快、ストレス解消になった。
ワーナー系で、関東近郊では27日頃までやっている。地方は、6月からのところが多いようだ。機会があれば、ぜひ!
もし見逃しても、すぐにDVDで出そうだ。

最後に4人勢ぞろいの写真。

  run.jpg
     若ジョーン シニア・ジョーン     若シェリー シニア・シェリー



1位まであとひといき・・・1日1クリ、ご協力よろしくお願いします!
    ↓        ↓        ↓ 
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100113011410.jpg 
    
スポンサーサイト
2011.05.19 Thu
こちらを見てほしい。

家族や同僚にアカウントがバレる? ツイッターユーザーが大困惑

ツイッターの仕様が変わって、同一IPアドレスのアカウントが、おすすめユーザーに表示されるようになった。
私は、昨日(18日)、ある人のツイートでそのことを知った。
その人は、会社でツイッターを見たら、同僚のアカウントがずらーっとおすすめに表示されていたとか。きっと自分のも見られたはず、すぐに鍵をかけてプロフを消した、と。

え?!ということは、うちは家族3人別々のPCだけど、無線lanなので同一のグローバルIPアドレス。次男はツイッターをやっているかどうか不明だけど、長男は確実にやっている。そして私がやっていることも知っている。
まずい!と思って、出先から帰ってすぐにパソコンでツイッターをチェックした。
すると、おすすめユーザーに長男のアカウントが!
本名ではないけど、プロフの内容からすぐにわかった。
(おすすめユーザーは、毎回違う人が出るので、最初に開いたときは出てこなかった。でも念のためと思って、2~3回更新したら出てきた)
きっと私のアカウントもおすすめに出ているだろう。でも長男はまだ気がついていないはず。気がついていたら、用心深い子なので絶対になんらかの対処をしているだろうから。
息子のツイートは読まなかった。親子と言えども、と言うか親にこそ、1番見られたくないだろうから。

以前コラムにも書いたことがあるが、私は息子たちにはカムアウトしていない。
いつか話せるときが来たら話そうと思っているが、まだその時期ではないと思っている。
それに、こんな形でばれるなんて絶対にいやだ。私のツイッターは、軽い内容ばかり。「キンパツにウハウハ」とか「ジュリアンムーア萌え~!」とか書いてるのを見られたら、死にたくなる。
それでまず鍵をかけて非公開にして、プロフやブログのURLを消した。
これで大丈夫かな?と思ったが、もうひとつ持っているアカウントから、どんなふうに見えるかをチェックしてみた。
すると、たしかにツイート、フォロー、フォロワーは見えなくなったが、「リスト」を押すと、私をフォローしているリストが35人分、ずらーーっと並んだ。もちろん、虹アイコンのオンパレード。リストの名前も全部表示されている。「LGBTなんとか・・」「Lesbianなんとか・・」。
そしてふと見ると、「類似ユーザー」がプロフの下に何人か表示されていて、これまた一目見てレズビア~ン。
こりゃダメだ!PCオタクな息子のことだから、ん?これは?と思ったら、すぐにアカウント名でググるだろう。ググられると、たとえ鍵がかかっていても過去のツイートは見られる。このブログも出てくる。

あーー、どうするべきか。アカウントを削除するのが1番確実だけど、たくさんの方にフォローしていただいていて、私も5000近くツイートしている。消したくない。
でも1番大事なのは?と考えたら、やっぱり息子。子供の気持ちを傷つけることを考えたら、しばらくツイッターをできない寂しさは我慢しようと思った。

というわけで、アカウントは削除した。(今までフォローしてくださっていた皆様、楽しくやり取りをしてくださった方たち、本当に有難うございました。)
今のこのシステムが変わらない限り、Lアカウントを復活させることはないと思う。
でも上の記事にもある通り、不満の声が続出しているので、またシステムが変わるかもしれないし、有効な対処法も出来るかもしれない。
ちなみにもうひとつあるアカウントは英語アカウントで、フォローもフォロワーも外国人、つぶやきもスポーツ、アスリートに関することのみ。子供に見られても不都合はないので、そのままにしている。

しかしこのシステム、本当にひどいと思う。個人情報たれ流し。しかもなんの告知も説明もいまだにない。
ツイッターで検索したところ、”学校でいろんな人がおすすめに出てきた、でも1番驚いたのは体育教師のホモアカウントが出てきたこと”と書いている人がいた。(多分高校生)ネタだろうと思ってその人のつぶやきを見てみたら、「前からおかしいと思ってたよね」などと友人とやりとりをしていた。ネタじゃなかった!
あとは”親のアカウントがおすすめに出てきたので速攻ブロックして安心してたら、サブアカを持っていて、そちらから見られた”と書いていた人も。非公開は先ほど書いた通り類似ユーザーやリストが見られるので、人によっては非常に危険だし、ブロックも相手がいくつアカウントを持っているかわからないので安心できない。
「同じマンションの人たちのアカウントがおすすめに表示された」「近所の人たちが表示された」と書いている人も結構な数いた。マンションやネットワークにもよるのだろうが、これが本当ならプライバシーも何もあったもんじゃない。

しばらくずっとアクセスしてないのに相手のおすすめに出たという人もいるので、会社や学校から1度でもツイッターにアクセスしたことがある人は、おすすめに出る可能性があると思う。iPhoneなどスマートフォンからのアクセスでも、wi-fiを利用した場合は同様。
対処法は、鍵をつけて非公開にしてプロフを消すことが1番だろうけど、鍵をつけていても相手のおすすめに出ることはあるし、なぜか同一IPによるおすすめは1番上に出る。私の場合も息子がトップに出たし、他の人の報告を聞いてもそう。
そして何度も書いているが、鍵付きでもリストや類似ユーザーは表示される。2~3人にリストに入れられている人は、頼んでリストから外してもらうことも出来るが、大勢の人のリストに入っている場合は実質不可能だし、また新たにリストが増える可能性もある。
過去のツイートは消せばいいかと言えば、それもググれば出てくる。私はアカウントを削除したのに、ググると過去のいろいろなツイートが出てくる。ネットに個人情報保護など存在しないのだろう。

取り急ぎ、お知らせまで。

< 追記 >

(1)
ツイッターサポートにメールを送った人がいて、あれは一時的なテストでもうそのテストは終了した、と返事が来たそうだ。私もそのメールを見た。日時を見ると、そのメールが来たのは19日の朝5時(現地時間で18日の午後1時)。
でも昨日19日のお昼に私がツイッターで検索していたら、「やば!同僚がおすすめに出た!」「なんで!?おすすめユーザーに夫がいる!」とつぶやいている人を何人も見た。
そして今日のお昼も検索してみたら、「部長がおすすめに出てる」「同じ高専の人がずらっとおすすめにいる」とつぶやいている人がいた。
終了メールが書かれた後も、こうして実際に同僚や家族がおすすめに出ている人がいることを考えると、「終了した」が一体いつの時点のことなのか、もしかしたら蕎麦屋の「今出ました」なのか、あるいは「終了」が全世界のユーザーに行き渡るのに時間がかかるのか、「終了した」と言ってもまだ不備があるのか・・・などなど、たくさんの疑問が湧いてくる。
日本人の感覚だと、終了した=一件落着、だろうけど、そんな風に安心するのは危険だろう。
このメールも「This test has concluded.」と書かれているだけで、もうこうしたテストは2度としないとも、同一IPアドレスによる抽出を行わないとも書かれていない。
しばらくは様子見で、それぞれ必要に応じた自衛を図るのが賢明だろう。

(2)
昨日の夜遅く、彼女から「大変!kooがおすすめに出てるよ!」と連絡があった。
え、一昨日にアカウントを削除してるのに、なぜ?????
彼女が私のアカウント名をクリックすると、フォロー、フォロワー、リンクは0になっているけれど、プロフィールページが出てくるという。
すぐにツイッターの「検索」窓に私の削除したアカウント名を入れて、検索してみた。すると、削除前にフォロワーさんが私にくれたリプライが並んだ。そして、その中の私のアカウント名をクリックすると、プロフィールページが出た!
削除前に鍵をかけたので「・・は非公開設定です」、そしてフォロー、フォロワー、リンクは0だけど、類似ユーザーが出ている。プロフとアイコンも、削除前のまま。なぜ????
多分他の削除した方も、私と同様に検索してみると、削除したはずのアカウント名のページが出ると思う。
昨日、一昨日とこの件で大量の退会者が出たせいか。混乱しているのか。
だとしても、削除したアカウントが再び誰かのおすすめに出るなんて、勘弁してくれよ!
と言いたい。



次回はもっと楽しい話題で!1日1クリ、ご協力よろしくお願いします!
    ↓        ↓        ↓ 
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100113011410.jpg 
    
2011.05.15 Sun
キッズ・オールライト(原題・The kids are all right)を見てきた。
去年の1月に、この映画のことはうちのブログでも紹介していた。(「Julianne Moore」)
この後アメリカでは昨年7月に、ヨーロッパでは秋に公開になり、早く日本でも見られないかなあと思っていた。
ゴールデン・グローブ賞で2部門受賞したり、アカデミー賞に4部門ノミネートされたりということもあってか、やっと日本でも先月末から公開となった。

kids1.jpg

そんなわけで非常に期待していた作品だが、とても失望した。
2回見た人から、2回目に見ると見方が変わると聞いて、2回見てみた。でも、さらに失望が深まっただけだった。
まだ公開中の作品なので、詳しい感想を書くとネタバレになる。これ以降は「続きはこちら・・・」へ。
   
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。