ビアン通信 2012年07月
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.25 Wed
054a_20120715131540.jpg
  クリックで拡大します。(以下、横長画像はクリックで拡大)澤穂希、開始早々のチャンス

093b.jpg
    近賀ゆかり

   114.jpg

   172.jpg
    岩清水梓

   215a.jpg
    大儀見優希

288_20120723110356.jpg
    宮間あや。この後宮間から近賀にパス、近賀がクロスを上げて・・

297.jpg
    ギミーーー

298a_20120724231122.jpg
    大儀見シュート! 2点目

302_20120723110827.jpg
    喜ぶみんな。 中央・川澄奈穂美。

303_20120723111758.jpg
    絶妙なクロスを上げた近ちゃん

   319.jpg
    矢野喬子

   320a_20120721134716.jpg
    熊谷紗希

   339.jpg
    オーストラリアFW、Sara Walsh(サラ・ウォルシュ)。

   348.jpg
    サラは、先日カムアウトした米代表Megan Rapinoe(メーガン・ラピノ)の彼女

   435.jpg
    阪口夢穂

448.jpg
    鮫島彩

476a.jpg
    終了寸前 守りきるDF陣。

547.jpg
    試合終了。場内一周

558a.jpg
    中央・福元美穂。正ゴールキーパーか

562_20120725090855.jpg
    中央・丸山桂里奈、右隣・大滝麻未

565.jpg
    宮間、阪口、岩清水

574.jpg
   海堀あゆみ、山根恵里奈(デカい!)、有吉佐織、田中明日菜、上尾野辺めぐみ

575_20120724181944.jpg
    上尾野辺、川澄、岩淵真奈、

577.jpg
    熊谷 

588.jpg
    鮫島、高瀬愛実

614.jpg
    大野忍、矢野

616.jpg
    イケメン

646.jpg
    安藤梢

623.jpg
    澤

いよいよオリンピック、日本ーカナダ戦が始まる!全力でなでしこ応援!
というわけで、先日7月11日国立競技場で行われた壮行試合、日本ーオーストラリア戦の写真をアップした。
前の方だったがゴール付近の席だったので、撮れないシーンもたくさんあったが、ほぼ全員アップ出来たと思う。

私がこうして何度もなでしこを取り上げると、
「よっぽどなでしこが好きなのね」「なでしこが好み?」
などと言われることがあるが、そんな風に言われるとがっかりしてしまう。個人の好みとか関係なく、女子サッカーは見ていて本当に楽しいし、澤選手はじめベテラン選手たち、あるいはそれ以前の歴代の選手たちの苦労を思うと心から応援したいと思う。(好みだけを言えば、金髪碧眼のおねーちゃん好きな私はスウェーデンファン)
女子チームがない時代に女子サッカーをしていた人たちは皆、男子の中にひとり混じってサッカーをしていたわけで、小さい頃はともかく年頃になればいろいろなやっかみから嫌な思いや辛い経験をたくさんしてきたと思う。
大人になれば金銭的にも大変だったと思うが、サッカーが好き!という気持ちや女子サッカーをメジャーにしたい、たくさんの子供たちに女子サッカーを楽しんでもらいたい、そんな気持ちでここまで続けてきたと澤選手も言っていた。
ワールドカップで爆発的にブレイクしたなでしこだけど、このオリンピックで早々に敗退するようなことがあれば一気に熱は冷めてしまうだろう。人気が定着するかどうかはオリンピックの結果次第、どうかぜひ金メダルを取ってほしい。

サラ・ウォルシュの写真もアップした。サラの彼女ラピノは今月2日、Out Magazineにカムアウトした。(こちら
2つ前のエントリーでサラとラピノのキス写真を載せたが、最近のラピノの動向を見ているとカムアウトがオリンピック前に来そうだなあと思っていたが、本当に来た。
カムアウトのニュースは日本のマスコミでも紹介されたが、「長年オーストラリア代表サラ・ウォルシュと付き合っていたという」とまるで過去のことのように書かれていた。紹介するならもっとちゃんと書いてほしい。
Out Magazineおよびその後インタビューが載ったAfterEllenの記事を要約すると以下の通り。
サラとラピノは3年間付き合っていて、お互いの親にも紹介済み。昨年のクリスマスにはラピノの実家にサラを連れて行った。サラは今まで公式にカムアウトはしていないが、今回のカムアウトの件はふたりでよく話し合ったし、(カムアウトした)ラピノのことを誇りに思い、とてもよくサポートしてくれている。
今はアメリカとオーストラリで離れ離れだけど、これはあくまで一時的なものであり、彼女は待つだけの価値があるよ、と。(ごちそうさま)

あーー、んなこと書いてる間に時間が来た。あと1時間ほどでオリンピック初戦が始まる。
がんばれーーー、なでしこ!!!



1日ワンクリ、ご協力よろしくお願いします!
    ↓        ↓        ↓ 
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100113011410.jpg 
  
スポンサーサイト
2012.07.22 Sun
kajsaa.jpg

      kajsa1a.jpg

上はスウェーデンの元走り高跳びの選手、Kajsa Bergqvist(カイサ・ベリークヴィスト)。
シドニーで銅、世界選手権でも金や銅を取った。
彼女は実力があり可愛かったので、国内外で人気が高かった。モデルをしたり、UNICEFスウェーデン親善大使も務めた。
2007年に結婚、引退をした。

      Kajsa2a.jpg

そのカイサが!
変貌を遂げた。

  Kajsa5.jpg

昨年はじめに離婚したカイサは、暮れにゲイ雑誌QXでカムアウトした。
上の写真、左がガールフレンドで現在一緒に暮らしているKristinaさん。

     Kajsa3a.jpg
            まるで別人

走り高跳び、幅跳び、棒高跳びなど跳び系競技には、ブロンドの髪の長い綺麗な選手がいっぱいいる。私はいつもほくほくで見ているが、カムアウトしている跳び系選手は引退した選手も含めて今までいなかったと思う。
いかにも一見ストレートな選手ばかりなんだけど、私のゲイダーはかなりの頻度で作動する。それでもカムアウトしている選手がいなかったので、自分の好みだから怪しいと思うだけかなあ・・・と思っていた。
んが、カイサのおかげで希望が持てた。
恋人や結婚していてもわからない。
自分のゲイダーを信じて、これから先のゲイウォッチャー人生を歩んで行こう・・と心に誓った。

カイサは長年「ゲイだ」という噂に悩まされてきたそうだが、カムアウトしたことでとてもすっきりしたそうだ。
たしかに髪も表情もすっきりしている。

  kajsa4a.jpg

スウェーデンと言えば女子サッカー選手がたくさんカムアウトしているが、彼女たちは皆髪が長くて女らしい。ゲイダーを働かせ、よーく観察してみても、なかなかそうとはわからない人たちばかり。
スウェーデンのレズビアンはみんなそんな感じなのかと思っていたけど、やっぱり今のカイサのように髪がショートでボーイッシュな人もいるんだな。まあ当たり前か。
でもカイサは多分自分はバイセクシュアルだろうと言っているので(男性と付き合っていたときは自分がヘテロと感じ、女性と付き合っている今はレズビアンと感じるから、と)、スウェーデンではバイの人の方が男らしい?
と、ここでひとり思い出した。スウェーデン女子サッカーチーム・キャプテンのFischer。

fischer1.jpg

カイサとなんだか雰囲気が良く似ている。
スウェーデンチームの中でも1番ゲイゲイしいフィッシャーだが、ワールドカップの頃調べたら、ストレートと書いてあってびっくりした。検索するとボーイフレンドと一緒の写真も出て来た。ショーーック!これでストレート!?

でも最近になって、そのBFとはもう別れて今はガールフレンドがいて一緒に住んでいるという情報を得た。ソースはfecebookで、フィッシャーが一般公開していないので詳細はわからないが、彼女との写真がこちら。

       写真

この写真も、上のカイサ&彼女の2ショット写真と似ている。
金髪ショートでおしゃれボーイッシュなフィッシャーと、黒ロングヘアー美人の彼女。
フィッシャーもバイなんだろうか。でもビアンかバイかというのは自己申告だし、年月と共にその自己認識も変わっていったりするのであまりあてにならない。
カテゴライズはともかく、ふたりとも少し前まで男性と付き合っていたわけで、このゲイゲイしさは「あたしはゲイよ!」という気合いの表れかもしれない。



気になる選手や注目の種目などあったら教えてください。
1日ワンクリ、ご協力よろしくお願いします。
    ↓        ↓        ↓  
FC2 同性愛 Blog Ranking logo2.jpg
                     
2012.07.16 Mon
ロンドンオリンピックまであと2週間を切った。
前回北京オリンピックのときと同様、今回もオリンピック特集をしばし更新していきたい。
新たなカテゴリーで「オリンピック・夏」「オリンピック・冬」を設けた。
過去のエントリーで北京オリンピックのときのものは「夏」に、バンクーバーオリンピックのときのは「冬」に入れた。

さて、最初に取り上げたいのはビーチバレー・オーストラリア代表のNatalie Cook(ナタリー・クック)。
96年アトランタで銅メダル、2000年シドニーで金メダルを獲得し、今年37歳になったクックは、オーストラリア女子アスリート史上初・”5回目のオリンピック出場”を決めた。

cook1.jpg
   Natalie Cook

     cook2.jpg
      左・クック、右はペアを組んでいるTamsin Hinchley

クックは4度目の出場の北京オリンピックの後、同じく女子ビーチバレーのカナダの選手だったSarah Maxwellとニュージーランドで結婚式を挙げた。

sarah2a.jpg

このニュースを知ったとき、え、クックってカムアウトしてたっけ!?と驚いた。
アテネオリンピックの頃、ビーチもかなり怪しい選手が多いなあと思って調べてみたことがあった。でも誰もカムアウトしていなかったし、引っかかってこなかった。

クックはビーチバレーの第一人者としてずっとスポットライトを浴びてきたが、プライベートなことは一切語らず、女性と付き合っていることすら知られていなかったので、この結婚は世間をあっと驚かせた。
さらに驚いたことに、こんなにゲイゲイしいクックなのにサラと出会った2001年当時は男性の恋人がいたそうだ。最初に夢中になってアタックしたのはサラの方だった。

sarah1a.jpg
  左・サラ。 「私からアタックしました。」

sarah3a.jpg
         「離さへんでーーー」

サラと出会うまではノンケだったのか、もともと女性への気持ちはあったけどそれが自分で認められなかったのか、単にスポンサー等との絡みでノンケの振りをしていたのか、その辺のところはクックが語らないのでわからない。
ただ言えるのは、昔の写真と比べて今の方がずっと素敵で生き生きしているということ。

     cook3.jpg
      2000年、シドニーで金メダルを取った時のクック。カンガルーが可愛い!

ふたりはニュージーランドで挙式をして実質婚姻状態だが、法的には認められていない。
オーストラリアでは同性婚は法的にまだ認められていない。「もしサラがいま自動車事故に遭っても、私はパートナーとは認められない」とクックは語る。
サラの祖国カナダでは同性婚は認められているが、クックはオーストラリアで同性婚が法的に認められることを望んでいる。

日本ではレスリングの吉田沙保里選手が旗手に選ばれたが、オーストラリアでは「クックを旗手に!」の声が挙がっている。FBにも「Vote Natalie Cook to be Australian Olympic Team Flag Bearer」というコミュニティが出来ている。
国によって旗手の選考方法が違うので、オーストラリアがどういう方法で選ぶのかはわからないが。
オーストラリア女子アスリート初の5度目のオリンピック出場という偉業を考えればクックが最適だと思うが、そうした記事の下にひとこと「I disagree.」とコメントがついていたり、同性愛者であるクックへの反発も強そうだ。

おそらく今週中には結果が出るであろうオーストラリアの旗手選考に注目していきたい。
以上ソースはこちらこちら



気になる選手や注目の種目などあったら教えてください。
1日ワンクリ、ご協力よろしくお願いします。
    ↓        ↓        ↓  
FC2 同性愛 Blog Ranking logo2.jpg
                     
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。