ビアン通信 幸せって
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.17 Thu
前回アップしてから、10日が過ぎた。
嗚呼、いつものペースに戻ってしまった!
その間にも、下の記事への拍手が毎日じわじわと増えていた。
この拍手は、一体何に対する拍手なのか?いまいち、わからない。
やっぱり『49歳2ヶ月』に対する拍手なんだろうか。

 「年なのに、がんばってるね!」(44歳、ビアン)
 「49で現役だなんて、自信がつきました。」(32歳、ビアン、彼女なし)
 「びっくり!うちの母親より年寄り!」(22歳、学生)

こんな感じで、思わず押してくれたのかな、と想像している。
あるいは、
「はやく更新して~!」
かもしれないが。

ここ1~2週間、実を言うと、子供のことで頭がいっぱいで、PCもろくに開けなかった。
ひどく落ち込むようなことばかりが続いて、さすがの私も何をする気力も沸かなかった。
でも、やっぱり落ち込んでばかりもいられない、ガンバローと思うようになった。

子供の頃、漠然と描いていた幸せの形があった。
まだセクシュアリティなんていう言葉も知らず、意識もなかった頃。お嫁さん願望はなかったものの、きっといつか結婚して家庭を持って、子供たちにも恵まれ、夫婦仲良く暮らすんだろうと思っていた。
子供たちに対しても、漠然とではあるが、こんな風に育ってほしいとか、こうすれば幸せになるんじゃないかとか、思っていた。

でも、人生、予期せぬことばかりが次々起きる。
そのたびに、自分の中にある幸せの基準のようなものを、修正しないといけなかった。
でも本当は、幸せの基準なんてどこにもない。どんな人生にも、幸せはあるし、不幸せもある。
そんな当たり前のことを、この年になってしみじみ思う。

でも、子供を亡くした親はどうだろう。
先日、日本を発つ前、成田でインタビューを受けていた、リンゼイさんの父・ビルさんをニュースで見た。
市橋容疑者のことを聞かれ、気丈に答えていたビルさんだけど、インタビュアーがいなくなってひとりになると、こらえきれなくなって泣いていた。
娘を亡くし、しかもあんな理不尽な殺され方をして、この人の胸に、いつか幸せの灯がともる日は来るんだろうか。きっとこの先、どんな瞬間も、娘のことを忘れる日はないだろう。
小さくなっていくビルさんの姿を見ながら、どうか強く生きてほしいと願った。

FC2 同性愛 Blog Ranking logonav_20091125113431.jpg

関連記事
びっきぃ
自分も40代に突入ー

彼女は二歳上 でも元気満々!

普通にお互い結婚して三人ずつ子供もいるけどね

内緒の付き合いを九年つづいてまーす
2009.12.23 Wed 10:27 URL [ Edit ]
koo
>びっきぃさん
はじめまして!
9年ですかー。私たちも先日、9年目に突入しました。
子供が3人ずつって、時間のやりくりとか、大変ですね。
50代に突入しても、まだまだ元気満々でいきたいですね。
2009.12.30 Wed 12:04 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kookoo.blog77.fc2.com/tb.php/150-6b201086
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。