ビアン通信 映画 「クロエ」
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.05 Sun
映画「クロエ」を見てきた。
あらすじは、この予告編を見れば一目瞭然。
夫の愛を試すため、娼婦クロエを雇って・・・あれやこれや。



夫の浮気を確かめるために娼婦を雇うとか、魔性の女に夫も妻も翻弄されるとか、そのプロットだけでB級なにおいがした。
殆ど期待はせず、ただジュリアン・ムーアを見るためだけに行った。
でも、思ったより良かった。話はそんなに単純じゃない、もっとねじれていると気づいたから。

作品には、クロエ(アマンダ・セイフライド)とキャサリン(ジュリアン・ムーア)とのベッドシーンが出てくる。
でも、女同士のラブシーンであっても、本当はキャサリンが寝ている相手はクロエではない。

ch2.jpg

キャサリンは、自らクロエに「夫を誘惑して」と頼んだのに、実際に二人が関係を持ち、その赤裸々な様子をクロエの口から聞かされると、激しい嫉妬に身を引き裂かれる。(そんなこと最初からわかっていたはずなのに・・・という突っ込みはさておき)
おそらくキャサリンがクロエと寝たのは、その気も狂わんばかりの嫉妬のため。
クロエの指を、舌を、クロエの愛撫を感じることでクロエと同化し、クロエになり、その向こうに夫を感じ、夫と寝ていたのだろう。そうすることでしか、激しい嫉妬の炎を鎮められなかったのだろう。

だから翌日、職場(病院。キャサリンは婦人科医)に訪ねて来たクロエにキャサリンは言う。
「もうこれっきりにしましょう」
「もう終わったの」

でもクロエには、なぜキャサリンがそんなことを言うのかわからない。
「昨夜はよかったでしょう?」
「あんなに感じてたのに」

「そう、感じてた。でも・・・」
終わったの、と。

そして部屋から追い出されて初めて、クロエは何もかもが終わったことに気づく。
でもsexを仕事にしているクロエが、キャサリンのそうした心の動きに気づかなかったのか?と思ったが、気づかなかったのはクロエがキャサリンに恋してたから。
クロエは恐らくもともとレズビアンなのだろう。

    ch3a.jpg

そしてクロエはキャサリンに復讐するため、息子に近づく。
キャサリンと夫がいない夜、家を訪ね、キャサリンと夫の寝室で息子とベッドを共にする。
クロエが上になり交わっていると、息子が叫ぶ。
「もっと僕を見て!」
「こっちを向いて!」

でもクロエの顔は横を向いている。その視線の先にはクローゼットがあり、キャサリンのコートやシャツやハイヒールがのぞいている。クロエはそれを見ながらどんどん高まっていき、絶頂を迎える。
そのときのクロエの表情がとても切なくて良かった。

女(クロエ)と寝ながら男(夫)を感じるキャサリンと、男(息子)と寝ながら女(キャサリン)を感じるクロエ。
そのねじれた感覚と対比が、面白いと思った。

その前に作品の冒頭で、キャサリンの患者が
「私、1度もイッたことがないんです。オーガズムを知らないんです。どうしたらいいでしょう」
と尋ねるシーンがある。
そのときキャサリンは、
「オーガズムは、クリトリスへの刺激で起こります。単に筋肉の収縮です。
 あとでパンフレットをお渡ししますよ」
と答える。
いかにも婦人科医らしい答えだけど、そんな即物的な答えではとても説明できない、複雑な感情が入り混じったねじれた性愛の形・・・というのが作品のテーマかなと思った。

形としてはクロエとキャサリンの絡みが一番レズビアン的に美味しいシーンかもしれないが、それよりもクロエのキャサリンの服を見ながら高まる表情が、私には一番エロティックで切なくて共感できて好きだった。
とは言え、皆さんも絡みの画像は見たいはず・・・
ん~~、でもでも、さわやかが売りのブログなので、ちょっとだけ。

ch1.jpg (←クリックで拡大)

ところでこの映画を見る前に、「ジュリエットからの手紙」を前の週に見た。
この作品の主役も、クロエ役のアマンダ・セイフライド。
こちらはもう「クロエ」のど~~ろどろした世界とは対照的な、爽やかで心温まるお話。
まるでおとぎ話のようで、出てくる人はみんな善意の人で展開も見えるのに、泣かされる。こちらも思いの外よかった。「クロエ」とは逆の意味で(刺激がなさ過ぎるだろうという意味で)あまり期待していなかったが、なかなかの良作。心が疲れているときにはぴったりの作品。



「ジュリエット・・」ではバネッサ・レッドグレーブ見たさに行って、「クロエ」ではジュリアン・ムーア見たさに行って、どちらもセイフライドはあまり念頭になかったけど、若いのにうまい女優だなあと思った。
それに一見すごく綺麗だけど、よーく見ると面白い顔をしているのもいい。

ch6a.jpg
        びっくり金魚ちゃん?ヒラメちゃん?カエルちゃん? なアマンダ

「クロエ」に話を戻すと、夫役のリーアム・ニーソン。
以前こちらの記事でも、妻で女優のナターシャ・リチャードソンがスキー事故で亡くなったことを取り上げたが、その事故があったのは「クロエ」の撮影中だったそうだ。
事故の知らせを受けてニーソンはすぐにセットを離れ、妻のもとへ駆けつけたが、2日後に亡くなった。そしてまた数日後には、セットに戻って来た。ニーソンがいない間に脚本は書き直され、2日間でニーソンのシーンを撮り終えた。(こちら

ch8.jpg

どのシーンが書き直されたのかはわからないが、その影響があるのかないのかもわからないが、「クロエ」はたしかにラストが弱い。弱いと言うか、え、これで終わり?と思った。ステレオタイプな印象もある。
多分ニーソンとは無関係だと思う。それに、妻がなくなってまたすぐに職場に戻るなんて、本当にプロフェッショナルだ。
この情報を知ったのは作品を見た後だったけど、知っていたらニーソンを見ながらちょっと辛い気持ちになったかも。
「ジュリエットからの手紙」でも、レッドグレーブが昔子供を亡くして・・・という下りがあって、こちらはナターシャ・リチャードソンの実母なので、私生活と重なって辛かった。

「クロエ」も「ジュリエットからの手紙」も現在上映中。



ちょい下降・・・1日1クリ、ご協力よろしくお願いします!!
    ↓        ↓        ↓ 
FC2 同性愛 Blog Ranking logo1_20100113011410.jpg 
    
関連記事
morito_f
面白そうですね。
前半のあらすじを読んだ限り、フランス映画の『恍惚』(2003)に似てますね。ひょっとしてリメイクかしら?
公式サイトによると、リメイクというか『恍惚』をベースにアレンジしたご様子。しかも監督がエゴヤンときたらもう必見ですな。しかしこちらでの上映予定はなさそうorかなり先になりそうなので、すぐには観られそうもありません。残念です。

ちなみに『恍惚』はファニー・アルダンとエマニュアル・ベアールが登場。夫のジェラール・ドパルデューを娼婦のベアールに誘惑することをアルダンが依頼し、ベアールから夫との情事を聞かせてもらうというおハナシ。
見ようによっては、アルダンとベアールのレズビアン関係にも取れるんで、ものすごく面白かったですよ。
機会あればどうぞ。^^
2011.06.06 Mon 00:44 URL [ Edit ]
todoroki
深いですねー。
私の浅すぎる映画評を消そうかと思ったくらい。
でも、このブログ…さわやかが売りなのかあ…。
意義あり!(笑)
2011.06.06 Mon 12:27 URL [ Edit ]
mossamnl
最近は映画に精力的ですねえ。なかなか引き込まれる映画評どすえwきっとどれも必ず観ます!ずっと後になってからWOWOWでwww。この間やっとプレシャス観たのですwところで、クロエはストーリーどこかで観た覚えがあると思ったら、もりとさん書いてくれてるのみて思い出したです、「恍惚」そう!エマニュエル・ベアールの・・まえにシネフィル・イマジカで観たのです。ここまでの露出はなかったけどwwそーかー。そう!それと
セイフライド!どっかで観たと思ったら、ジュリエットレターズの子だあ!へーーなんて感心wwええっ!更にはリーアム・ニーソンのnews!おお!と思ってたら・・ええ?バネッサ・レッドグレーブの娘がリーアムのぉ!
もう、ええっ!だの(・ロ・)ホーだのwww今回の記事はとても刺激的でした、ありがとうでしたwwところで
クーさんは遠距離だったんですかwwへ━━━━
2011.06.06 Mon 23:35 URL [ Edit ]
todoroki
異議あり!と書いたつもりが、意義あり!になってました(^_^;)それじゃあ、意味が逆…(笑)
2011.06.07 Tue 11:36 URL [ Edit ]
koo
>morito_f
そうだ!何か書き忘れたと思ってたら、「恍惚」のこと書くのを忘れてました。
私は未見なんだけど、「クロエ」は「恍惚」のリメイクと言うかもとになってるんですね。
「クロエ」の方がやや官能的にサスペンス仕立てになってるそうです。

「恍惚」のアンヌ・フォンティーヌ監督が「クロエ」を見て、とても興味深く見た、私は「恍惚」に満足していない、なぜなら主役の女性二人の人物を深めるためにベッドシーンを入れたかったのに、二人の女優から反対されて実現しなかったから・・・だそうです。
アルダン、ベアール、脱いでやれよ~~(笑)

近々、tsutayaで借りて見てみるね!
2011.06.08 Wed 22:20 URL [ Edit ]
koo
>todorokiさん
深い?かどうかはわからないけど、映画評は見た人によって全然違ってくると思うし、どれが正解というのもないと思うし、いい作品になるほどいろんな見方が出てくると思います。

で、内心「クーさんって爽やか♪」って思ってるから、異議を意義と書き間違えたのね。わかります。(=^・^=)

2011.06.08 Wed 22:32 URL [ Edit ]
koo
>mossamnさん
おー、「恍惚」ってみんな結構見てるんですね。
私はそういう作品があるのも知らなかった!
セイフライドって次は「赤ずきん」の公開が控えてるし、同時期に3つも主演!?
ジュリアン・ムーアもキッズとクロエが重なってるし、リーアム・ニーソンはクロエとアンノウン。なんでこんなに重なるんでしょうね?アメリカでは公開時期がずれてるから、これは日本での戦略かなあ?

亡くなったナターシャは、遺作の「いつか眠りにつく前に」でバネッサと母子共演しています。亡くなった後、DVD借りてきて見始めたんだけど、辛くなって途中でやめちゃいました。

そうです、私は遠距離のプロですよ!(笑)
2011.06.08 Wed 22:44 URL [ Edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.06.10 Fri 18:34 [ Edit ]
nana
はじめまして。
ここ最近、こちらのブログを楽しく読まさせて頂いております.
「プレシャス」と「恍惚」みたのですが、どちらもすごく良くて。。
こちらで紹介されている映画は、全部見てみようと思っていました。
「プレシャス」の先生みたいな知的で美しい人と出会いたいなあ~。。
更新楽しみにしています。
2011.06.22 Wed 12:53 URL [ Edit ]
koo
>natnaさん
はじめまして!
そうですか~、まだ「恍惚」を見れていないので、早く見たいと思います。
映画をお好きなんですね。こちらが、少しでも見る参考になれば嬉しいです。
プレシャスの先生、知的で素敵ですよね!!
2011.06.29 Wed 22:58 URL [ Edit ]
zebra
 クロエをDVDでみました。

う~ん・・・ もし ホントに夫を愛してるなら 家庭の事を クロエを巻き込まず 自分できけばよかったんですよ。

ジュリアン演じたキャサリンは優しい夫に 子供に恵まれたのに その幸せに漬かりすぎて 周りがわかんなくなってたのは否めませんね。

このクロエのブログ記事書いた人の中には キャサリンは そんな家庭の問題に クロエを巻き込んでバカだよ・・・って意見もありました。
2013.05.27 Mon 09:46 URL [ Edit ]
koo
>zebraさん
ほんとですね。
これを愛とは呼びたくないですね。
倦怠感、退屈、よく言えば孤独なキャサリンが、
自ら嫉妬の炎の中に身を置いて、招いた悲劇でしょうね。
 
この映画は2年前に見ました。
時間が経つと、やっぱりB級だったなあ、と。特にプロット。
ただ要所要所に見どころがあって、面白い、楽しめる映画でした。
2013.06.26 Wed 01:00 URL [ Edit ]
zebra
kooさん キッズ・オールライトでの返事ありがとうございました。

ほほう~フリートウッドマックやスティーヴィー・ニックス!
私大好きでしたときましたか・・・


じつは本作の「クロエ」でも 他のブログの方たちで「クロエ」を書いた方たちの何人かに イメージ曲を見つけたとをコメントで伝えました。

kooさんはどうおもうかわかりませんが、
同じフリートウッドマックの「リトル・ライズ」です

ただし メイン・ボーカルはスティービー・ニックスではなく、クリスティン・マグビーです。

この「クロエ」では主人公クロエはキャサリンの気を引こうとウソをつきます。そこで ライズ(嘘)。について日本語歌詞でみてみましたら 気分はまさに"クロエ"かな・・・

リンク先は↓です。

http://onemusic1.blog133.fc2.com/blog-entry-329.html
http://www.youtube.com/watch?v=K9_UsTZKV5w


2013.08.21 Wed 04:56 URL [ Edit ]
koo
>zebraさん
いい歌ですねー。まさにクロエにぴったり!
フリートウッドマックは、今聴いても全然古くないんですよね。
時代を超えた名曲。
2013.08.24 Sat 12:05 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kookoo.blog77.fc2.com/tb.php/229-64028af0
管理人の承認後に表示されます
2013.09.05 Thu 04:19
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。