ビアン通信 Fun Home
Movie/女優Sport/アスリートオリンピック・夏オリンピック・冬オフ会Column コラムThe L Wordビアン川柳カムアウトMusic海外事情bookお知らせ未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.07 Sun
Fun Home: A Family TragicomicFun Home: A Family Tragicomic
(2006/06/08)
Alison Bechdel

商品詳細を見る

Alison Bechdelの存在を知ったのは、kdさんのブログで紹介されていたから。
kdさんも書かれている通り、日本では無名だが、アメリカではレズビアン・コミックの第1人者。代表作の「Dykes to Watch Out For」は20年以上もゲイ雑誌や新聞に掲載され、何ヶ国語にも翻訳されている。これをamazonで購入したかったが、そのときたまたま在庫切れで2週間以上待つということで、上の「Fun Home」を購入した。

買ってから気がついたが、こちらは「Dykes...」のようなコミックではなく、「graphic novel」と呼ばれるものだった。グラフィックノベルとは、「挿絵付き文学作品」とでも言えばいいのか、一般的なアメリカン・コミックよりも、シリアスで大人向け、文学的な作品を指す。
今手元に「Dykes....」もあるが、趣は全然違う。読みやすさで言ったら「Dykes...」だけど、心にしみて何度も読みたいと思うのは、「Fun Home」だ。

   alison1.jpg
              Alison Bechdel

Alison Bechdelは私と同じ1960年生まれ。
この作品は、lesbianである彼女の自伝で、題名の「Fun Home」は、父親の家業の「Funeral Parlor」(葬儀場)に引っ掛けている。
Alisonは、大学生のとき、家を離れ、自分がレズビアンだと確信し、両親に手紙を書く。
しばらくして母親からの電話で、父親がゲイであること、長年、教え子(父親は高校の英語教師もしていた)やAlisonもよく知るベビーシッターなど、若い男性たちと関係を持っていたことを知る。

そして、それから4ヵ月後、父親は不慮の自動車事故で、この世を去る。
彼はその2週間前に、母親から離婚したいと切り出されていた。また事故の状況から、自殺だと、アリソンは確信する。
「もしかしたら、自分のカムアウトが、父の死の引き金になったのではないか。」
ばかげていると思いながらも、そうした思いを消せずにいるアリソン。恐らくその思いこそが、20年後に、この作品を書こうと駆りたたせたのだろう。
アリソンが幼い頃から父親が亡くなるまでの父子の濃密な関係、父がゲイであるために(母は結婚直後から知っていた)、家族に落とした様々な影、そしてアリソン自身のセクシュアリティについて・・など、時にユーモラスと言ってもいいような淡々とした筆致で語られる。
でも淡々としているからこそ、胸に迫るものがあった。

bechdel_fun_home.jpg

上は、アリソンが手紙でカムアウトした後、初めて家に帰ったときの1シーン。
このときは、勇気を奮い起こしてゲイに関する話題を切り出すが、父の目の中に恐怖の色を認め、それ以上話せなくなる。
でもその後、ふたりで映画を観に行ったときのやり取りなど、感動的だった。
「子供の頃、女の子になりたかった」と呟く父に対して、「私は男の子になりたかった!」と叫ぶ娘。あらゆる意味で良く似た父子が、カムアウトをきっかけに、より親密になり、心を通い合わせた・・と思われたのだが。

父親がなぜ死を選んだのか、誰にもわからない。わからないが、アリソンにとって、
「父の終わりは、私の始まり」であり、「父の嘘の終わりは、私の真実の始まり」だった。
クローゼットなゲイで、44歳で死を選んだ父と、オープンリー・ゲイとして生きてきた娘。
この作品の制作には、7年を費やしたと言い、その間にアリソンは父親の年齢を超えた。
発表後すぐにベストセラーになり、雑誌「TIME」の2006年ベスト1ブックにも選ばれた。
そんな風に広く受け入れられたのは、特殊な状況下にある家族の肖像を描きながらも、普遍的な親子の愛について、描いているからだと思う。

でも私はビアンなので、当事者として、「もしかしたら自分がこの父親の立場になるかもしれない」、と思いながら読んだ。親子でビアン、ゲイなんてめったにないと思っている方も多いかもしれないが、そうした血縁関係にある人同士のゲイ、ビアンはよく耳にする。1番多いのは、兄弟姉妹(『Lの世界』のDanaと弟のように)だけど、叔母と姪や、異母姉妹で(そうとは知らず)別々に育って大人になって会ったらお互いビアンだった、という人もいた。
同性愛者に関する研究はまだあまりされていないが、遺伝的要素はかなりあると思う。もちろん、全然ない人もいるだろうけど、要因のひとつとして、確実にあると思う。(そう確信できるほど、まわりに多い。)

Essential Dykes to Watch Out forEssential Dykes to Watch Out for
(2008/12/04)
Alison Bechdel

商品詳細を見る

つい先日、「Dykes to Watch Out for」のシリーズ11巻からの特選本、「Essential Dykes to Watch Out for」が発売になった。(新作も少しプラスされている)
こちらの方が読みやすいので、まずこちらを読んで、気に入ったら「Fun Home」を読むのもいいかもしれない。

FC2 同性愛 Blog Rankinglogo26.jpg
関連記事
テーマ:女性同士の恋愛。 - ジャンル:恋愛
book    Comment(6)  TrackBack(0)   Top↑
レオ
私の親戚にも、そうかな??と感じる親戚がいます。
そのぶん、周りはセクシャルロールに敏感になって、かえってクローゼットを強要する雰囲気に。
見えない壁をユーモアで吹き飛ばせるパワーっていいですね。
2008.12.07 Sun 16:16 URL [ Edit ]
rui
「遺伝」と「同性愛」についてですが、どうやら本当に関係があるようですよ!ミトコンドリアが原因だとか…。1年ほど前に本で読んだのですが、『アダムの呪い』というような題名だったと思います…たぶん(汗)
『アダム』というだけあって内容は男性中心ですが、生物学的立場からみた同性愛ということで、なかなか興味深いので、お読みになっていないようでしたら是非読んでみてください(^O^)卵子のみで子孫を遺せる可能性について(マウスでは成功しましたが)など、女性の同性愛者としても楽しめると思います。
長くなってごめんなさい。
2008.12.07 Sun 21:20 URL [ Edit ]
koo
レス遅れてすいません!

>レオさん
親戚にいらっしゃるんですね。
一見してわかる感じの方なんでしょうか?
レオさんは、見た感じ、全くわからないですよね。
このアリソンの作品、みんなどこかにユーモアがあって、ゲイは身をたすく・・
ならぬ、ユーモアこそ身をたすく、だと思います。

>ruiさん
お久しぶりです。
受験勉強は、佳境に入ってますか!?
「アダムの呪い」、amzonでチェックしてみました。
同性愛だけじゃなく、なかなか興味深い内容の本ですね。
遺伝子のこととか、まだまだこれから解明されることがいっぱいありそうですね。
年末年始で読んでみます。
ruiさんは、追い込みがんばってくださいね!
2008.12.11 Thu 22:35 URL [ Edit ]
ちぃ
こんばんは。
初めてのコメントかも知れないです。私は女性としてもかなり髪は短くカットしています。
Alison Bechdelさんの髪型、いいなぁと思いました。
お店でなんと言ったらこういう髪型になるのでしょうか。
「男の人のように」「前の方は5cm残して」・・・うまく表現できませんorz
この写真をプリントして見せたらOKでは?と思いつつ、アジア人特有の平らで横に長い顔で、再現したらイメージと違いそうで躊躇してしまいます。真冬で外出すると耳が寒いのですが、もう少し短くしたい年の瀬です。

2008.12.29 Mon 20:43 URL [ Edit ]
koo
>ちいさん
こんばんは。
私も昨日美容院に行きました。いつもどおり、耳をスパッと出した髪です。
このアリソンの髪型、いいですよね。横を刈り上げてるのかな?
私も昔は刈り上げていましたが、今はそこまではしていません。
「Alison Bechdell」で画像検索すると、画像がいっぱい出てきます。
その中で気に入ったものを何枚か印刷して持っていけば、完璧では?
ぜひトライしてみてください!
2008.12.30 Tue 20:56 URL [ Edit ]
ちぃ
KOOさん、おはようございます。
レスありがとうございます!
実は昨日の朝、髪を切ってきました。
横も後ろも刈り上げられて、野球少年、のような頭です。
帽子を被らないとスースーして冬はいけません(笑)
髪型を目指した所で、骨格の基本的な違いに気付き
軽く傷つきつつ、でもそんな自分も大切に(笑)

また一段と寒くなるようです。対策を十分に、
どうか良い新年をお迎えください!
2008.12.31 Wed 08:13 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kookoo.blog77.fc2.com/tb.php/90-e6fb3090
Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。